|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく198

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/6/3

『くろく』で2杯喰いの1杯目、夏季限定の 「冷涼の黒 にんにく入り」 (880円)を。
本日より値上げに伴うリニューアルが行なわれ、麺類に3種類の夏メニューが登場するということで、それに釣られてやってきました(笑)

まずは1種類目の「冷涼の黒」。
去年の夏は「白(旧型)」の冷たいバージョンでしたが、今年は「黒」の冷たいバージョンが登場です。

器は丼ではなく、ガラス製のやや深めの皿を使用し、視覚的にも清涼感を演出。
スープは冷蔵庫で冷された物を使用し、表面に浮かぶ香味油は、固まらないように植物性の物を使っているようです。
タレは温かい黒と同じ物を使っていますが、温かい物より、黒らしい濃口醤油の特徴が全面に出ているという印象です。


麺は平ベった~いです。。。
太麺を棒で平べったく延ばしたピロピロ麺。
くろくでは、今までも平べったく延ばした麺を度々出してきましたが、この麺はその中で最も薄く延ばしています。
その薄さは、きしめん以上と言えるでしょう。

具はバラチャーシュー・味玉・デカメンマ・キュウリ・ザク切り白ネギ。
チャーシューは、いつものスライスされた物ではなく、「豚ごはん」用に軟らかく煮込まれたブロック状の物が乗せられています。

温かい黒同様、無料でにんにくをトッピングできます。(今回は別皿で)
意外にも?にんにく加えた後の方が、よりハッキリした味になって好みな感じです。





                   by hiro (2008年 220杯目)


名前:
コメント: