|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

すえひろ

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

県南方面へちょっとした遠征へ。
最初は亘理の『米沢ラーメン すえひろ』へ。
写真は中華そば(500円)。
店名の通り、あっさり醤油スープにチリチリちぢれ麺の典型的な米沢ラーメンです。
スープはあっさりですが、なかなか美味しい。丁寧に仕事している感じですね。
麺も自家製かは分かりませんが、麺自体の色がちょっと濃いめで小麦の味がちゃんとする美味しい麺でした。
チャーシューもやわらかな肩ロースでおいしかったです。
唯一も不満は、ナルトに見えたものが、食べたらカマボコだったことくらいですかね。
私はナルトはそれなりに好きですが、カマボコは歯ごたえがあまり得意でないので・・・







                                           by hiro


  • ここのラーメンは地元米沢の基準で判断してみてももトップランクのおいしさだと思います。
    ところで、歯ごたえに若干の差があるにしてもナルトは材料(魚のすり身)からしてカマボコの一種だと思うのですが、そうじゃないナルトというのはどのような物なのでしょうか? -- 米沢麺太郎 (2006-04-15 14:08:16)
  • 確かにここは、米沢の名店『熊文』と比べても遜色のないレベルだと思いました。
    >そうじゃないナルトというのはどのような物なのでしょうか?
    記憶が曖昧ですが、普通にスーパーなどで売っているボリボリとした食感のカマボコは、蒸して作っていますが、ナルトは茹でて作っていたような気がします。
    多分その調理方法の違いで、歯ごたえに違いが出ているのでしょう。
    ただ、板にのっているカマボコでも、蒸すのではなく、茹でている物もあるようなので、もしかしたらそちらの歯ごたえはナルト寄りなのかもしれませんが。 -- hiro (2006-04-15 21:44:24)
名前:
コメント: