|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈73

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/5/9

『本竈』で、2杯喰いの2杯目 「胡麻の辛いつけ麺」 (850円)を。
昨日より販売された5月~8月末までの限定メニューです。
そういえば去年も登場時に、「醤油つけ麺」との2杯喰いでしたね。。。

1杯目の醤油つけ麺は豚骨ベースの白湯スープでしたが、こちらは恐らくレギュラーメニュー用の重層型の澄んだスープ。
その上には白ゴマの芝麻醤がたっぷりと浮かんでいます。

ほぼ同じ材料を使っている「本気の担々麺」は、食べ進めるごとに芝麻醤がスープに馴染んで“胡麻スープ”になりますが、こちらはスープの温度の低下が大きい分、スープには馴染まず、芝麻醤は表面に浮いた状態を保っています。
麺を浸す度に、その芝麻醤をたっぷりと絡めて食べるという感じで、その胡麻のコク深い味わいは、白湯スープの醤油つけ麺以上の濃厚さです。
しかし、適度な辛味と酸味で、意外にサッパリといただけます。


チャーシューはぶっとい!
本竈のつけ麺恒例の“ステーキチャーシュー”。
ホントぶっとくて、食べ応え抜群です!




                        by hiro (2008年 182杯目)



名前:
コメント: