|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

中華亭(白石本店)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白石の中華亭でチャーシューメンを。
まず魚介系の風味が強く出ています。しかしそれゆえのクセはなく、なんとも食べやすいです。
味の方は表現しづらいのですが、あえて言うなら醤油味ではなく魚介醤油味といった感じです。魚介ダシが醤油の旨味のひきたて役に収まらずに、しっかりと前に出ています。そしてそれが煩くありません。
あと意外に油が多めに乗っているので、最初の口当たりには少し驚きましたがギトギトというわけでもなく、熱々のスープが味わえるので特に悪くなかったです。
麺はストレートの細麺、薄めにスライスされたチャーシューがちりばめられています。

私は今回チャーシューメンを食べましたが、他のお客はみんな中華そばか、みそタンメンを頼んでいました。

あと卓上にあった辛子。
最後のスープに足して飲んでみました。煎り胡麻の香りと唐辛子の辛味がプラスされますが、私としては、少なくとも醤油スープには必要ないかなと思いました。

でも白石…遠いよ…。

(住所)白石市本町75

                                           by 灯

  • たぶん行けないまちですね。県南は。 -- JIJI (2005-12-17 21:45:35)
  • 亘理のラーメン屋も行きたくても一人じゃ心細い
    近場なら一人でも何とかなるけど遠出はやっぱりね・・・ -- 熊ちゃん (2005-12-18 00:15:44)