|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈63

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/2/18

『本竈』で「本気の担々麺」(800円)を。
結構このお店には来ていますが、「本竈はエビわんでしょ!」という気持ちが強かったのもあり、レギュラーメニューでありながら、このメニューを頼むのは今回が2回目。
最近「yahoo」のラーメンランキングや、雑誌「dancyu」などで、ここの担々麺が絶賛されているので、久々に食べてみました。

まずはスープを一口ススルと、最初は本竈自慢の重層系スープの旨味が口に広がり、そして次に白ゴマのコク、最後に山椒・唐辛子の“麻辣”が舌を刺激する。
序盤はどっちかというとあっさりなイメージですが、食べ進めるにつれ、白ゴマの芝麻醤がスープと馴染みだし、非常にコク深いスープへ変化します。
ゆず果汁も序盤は「清涼感」、後半は「アクセント」として、非常に大事なパーツに思えます。
そして移転後、最もレベルが上がった麺が、序盤のあっさり味・後半のコク深味を、共にしっかりと受けとめています。

陳さん系でもなく、ラーメン屋系でもない、まさに「本竈の担々麺」という味わいです!




                        by hiro (2008年 71杯目)



  • これも旨そうです!
    私は「久兵衛」さんと「本竈」さんの連食はムリそうです(涙
    素直に日替わりにします(笑
    -- 和尚 (2008-02-18 20:47:37)
  • コレ
    辛みオコチャマは無理っすよね
    (笑)
    -- ちょび (2008-02-18 22:04:51)
  • 和尚さん、ホンカマは担々麺もなかなかっスよ~。

    ちょびさん、それ程辛くはないと思いますヨ。
    ただ、私の感覚でですが(笑)
    -- hiro (2008-02-19 09:08:45)
名前:
コメント: