|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈62

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/2/4

『本竈』で「塩らーめん ゆず入り」(650円)を。
塩らーめんのゆず入りは初食です。
ゆず果汁で酸味を効かせたスープは、とてもサッパリとして清涼感がある味わいです。
移転後バージョンアップした、ツルツルかつ歯切れのよい麺は、中細ながらもノビづらく、後半までいい食感を保つ素晴らしい麺です。

移転により、店舗と駐車場が大きくなり、更に2月からは基本的には無休ということで、今まで以上に通いやすくなったのも嬉しいです。



                        by hiro (2008年 54杯目)



  • hiroさん、何時頃に行きましたか?
    私は、14時過ぎに行きました。ニアミスどこでないかな
    いつ食べても麺は美味しいし、スープにぶれがないとこが
    いいですね。ここの店員の方々はラーメンに対する姿勢が
    熱く感じ取られますし。

    またまた余談ですが、仙台南の近くにあった閉店した一心麺
    は食べたことがありますか?食べてましたらどのように
    思ってましたか?どうしてもあの店主のラーメンに対する
    情熱が今も思い出すので・・・ -- オザワ (2008-02-05 19:37:04)
  • オザワさん、どうもです。
    本竈へは夜の7時頃行きました。いつもは昼がメインですが、この日はすぐそばの『麺屋久兵衛』の試食会の後に行ったので、久々の“夜竈”でした(笑)
    ここはホントいいお店ですよね。味・店舗の造り・接客など、トータルプロデュースでは宮城県一の“横綱店”だと思います。

    『一心麺』は私も大好きなお店でした。
    特に麺とスープの相性のよさは、当時No.1と思って食べていました。
    値段が良心的だったのもよかったです。
    本当に閉店が惜しいお店でした・・・
    -- hiro (2008-02-05 20:36:24)
名前:
コメント: