|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

中華そば あまの屋26

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/1/31

『あまの屋』で「高菜もやしそば」(780円)を。
現在のあまの屋の“真打ち”と言うべきメニューですが、高菜が苦手とあって、今まで未食でしたが、美味しいと評判なので食べてみました。

スープは恐らく「中華そば」と同じ、和風のあっさり醤油スープ。
それに、高菜漬け・モヤシ・豚挽肉・玉葱・人参をピリ辛に炒めた物が乗っています。
高菜漬けの程よい旨味と酸味が、とてもいいアクセントになっています。
炒めによる香ばしさはスープに移りますが、それほど油を使ってないようで、あくまでもあっさり味のスープを保っています。
麺は無添加・無カンスイの水晶麺。非常にノビやすいので、この手のラーメンには少々不向きな感じがしますが、意外に相性も悪くありません。

この炒め野菜には高菜が入っていた方が絶対美味しいと思える味でした。
また一つ苦手を克服できたような気がします。





                           by hiro (2008年 46杯目)

名前:
コメント: