|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく158

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/1/28

『くろく』で2杯喰いの1杯目、「釜あげつけめん」(780円)を。
この日は『quroku-2nd-』の営業日。
今回提供された2品の内、まずは「釜あげつけめん」からいただきました。

つけ汁は豚骨魚粉系。ただレギュラーつけめんと違い、赤玉を入れていないので、サラリとした舌触りで、辛味もなく食べやすい感じのつけ汁です。
麺は手もみの極太ちぢれ麺。少々軟らかめのフワフワとした食感の麺は、非常に薄味の温かい昆布だしのスープに浸されて提供されます。
ただ茹で上がった麺を昆布スープに入れるのではなく、茹で上がってから一度水でヌメリを取り、再度軽く湯がくという、ひと手間がかけられています。

「釜あげ」によって、温かい麺でも絡まず食べやすいし、味的にも“純粋に美味しく感じる”つけめんです。
この釜あげつけめんは、麺側・つけ汁側のスープを変更するだけで、色々楽しめそうですね。





                   by hiro (2008年 40杯目)


  • 昆布ダシの丼に塩だけ入れて食べてみましたが、イケました。
    釜揚"カケ"つけ麺、っての提案してみようかなぁ(笑)。
    -- ちょび (2008-01-29 23:04:28)
  • わは;
    それじゃ、"つけ"麺になりませんね;;
    塩カケ麺かぁ?(爆)。
    -- ちょび (2008-01-29 23:07:17)
  • ちょびさん、マイドです。
    >釜揚"カケ"つけ麺、っての提案してみようかなぁ(笑)。
    >それじゃ、"つけ"麺になりませんね;;
    >塩カケ麺かぁ?(爆)。
    確かに(笑)
    スーパーピュア~な塩ラーメンの完成ですネ。

    結局あの日は、酔っ払って戻ってきたAさんと、時間も忘れて延々語りあっていました。。。
    予定していたもう1軒は、腹的に断念デシタ。我ながら情けないなぁ・・・
    -- hiro (2008-01-30 08:53:38)
名前:
コメント: