|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく150

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/1/15

『くろく』で2杯食いの1杯目、新しくなった「純・白」(500円)を。
この日よりレギュラーメニュー(白・黒・つけめん)がブラッシュアップされました。
特に白が一番変わったということで、早速食べてみました。

まずスープ。以前の白は、おろし生姜とたっぷり節粉でインパクトを出した、あっさり塩味でしたが、生姜・節粉を廃止し、味も限りなく塩に近い“淡麗醤油味”になりました。
麺も大きく変更されました。以前は加水低めのストレート中細麺でしたが、加水高めの太麺を手もみでちぢれさせた“ピロピロ太麺”に。
これは「純」なので具無しですが、メンマもデカメンマから、食べやすいサイズ(それでも他店よりは太い)にカットされたようです。

以前の「あっさりインパクト」から、体にじわ~っと染み渡るような優しいラーメンに変貌しました。
大きく変わったのは今回が初かもしれませんが、思い起こせばオープン時から、レギュラーメニューもマイナーチェンジをし続けてきました。
今までよく“くろくらしい味”と表現したりしてきましたが、この「常に変化し続け、進化を止めない姿勢」こそが、一番の“くろくらしさ”なのかもしれません。





                   by hiro (2008年 25杯目)


  • 「白」変わりましたねぇ!
    近々食べに行きたいと思います(笑
    -- 和尚 (2008-01-16 20:57:45)
  • 和尚さん、ホント激変しましたよ~。
    油も以前の1/3に減らし、ある意味くろくらしさのないバランス重視の味です。
    東京の『七彩』のような、無化調らしさが前面に出た美味しいラーメンでした。
    -- hiro (2008-01-17 08:58:49)
名前:
コメント: