|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく139

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/12/14

『くろく』で、気まぐれ限定の「クロク・アッラ・ペスカトーラ」(1,000円)を。
先月行なわれた、今までの気まぐれ限定でどれが食べたいか投票する「気まぐれ限定大賞2007」。
投票結果1,2,3位のメニューが復刻するというこのイベント、今週からスタートです。
今週は今年の6月に登場した、第3位の「クロク・アッラ・ペスカトーラ」。
hiroも投票したメニューの1つなので、非常に楽しみにしていました。

スパゲディ・ペスカトーレをくろく風にアレンジしたこのメニュー、前回同様、素晴らしく美味しいです。
スープは具に使われた魚介の旨味がこれでもか!というくらい凝縮したトマトベースのスープ。
スープというより、ソースと言った方が近い感じのトロミがあります。
通常パスタではニンニクを使うところを、生姜を使い、ラーメンらしさを演出しています。
前回食べた時よりも、生姜の風味が強く感じ、更にラーメンらしさが出ているように感じました。
麺は白用の中細麺。具はムール貝・アサリ・エビ・イカ・角切りメンマ・白身魚のアラのほぐし身・刻みネギ・トマトペースト。
ムール貝の中に、前回はなかったバジルかパセリのような物が入っていて、これがいいアクセントを生んでいます。
メニュー名の「アッラ」は、魚のアラのほぐし身からきています。

魚介の旨味とトマトの旨味の相乗効果で、無化調なのに化調以上の旨味を感じるラーメンです。
確か前回も思いましたが、くろくのラーメンはちょっと苦手という人でも、ほとんどの人が美味しく感じるラーメンでしょう。





                   by hiro (2007年 537杯目)


名前:
コメント: