|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく127

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/11/10

『くろく』で、気まぐれ限定の「喜多方風醤油ラーメン」(780円)を。
青田店主と親交のある喜多方ラーメンのお店『七彩』@都立家政が、雑誌「TOKYO1週間」ラーメン大賞2007で、最優秀新人賞&醤油部門新人賞のW受賞したのを記念したリスペクトメニューです。
ちょうど先日『七彩』で食べたばかりなので、期待も高まります!

その“喜多方風”の醤油ラーメンは、七彩とはまた違った、くろく風の喜多方ラーメンに仕上げています。
スープは甘口のあっさり醤油スープで、デフォで入っている粗挽きの黒胡椒がキリッ!と輪郭を付けています。
麺は手もみの太麺。軟いことが多い一般的な喜多方ラーメンよりは硬めの食感で、麺の感じは七彩にかなり近いです。
具はバラチャーシュー・細切りメンマ・水菜・刻み白ネギ・ライム。
ライムから出るほのかな清涼感が、このラーメンを更に一段上の物にしています。

同じ無化調でも、七彩よりも“分かりやすい”美味しさですね。店主もあの味は仙台ではまだ出せないとのことです。。。
確かに七彩の味は食べ手側も選びそうなラーメンですしね~。
七彩は恐らくまだ首都圏でしか受け入れられない味だと思いますが、このくろくの“喜多方風”ラーメンは、本場でも売れるんじゃないかな~?って思います。





                   by hiro (2007年 493杯目)


名前:
コメント: