|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく124

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/11/2
『くろく』で、“気まぐれで出張お遊びラーメン”の「渡なべ樹庵の味玉ラーメン」(900円)を。
東京高田馬場『渡なべ』店主にして、ラーメンコンサルタント、そしてくろくの青田店主のお師匠さんである「渡辺樹庵」氏の来仙を記念しての特別メニューです。
樹庵氏が、渡なべでやっている「お遊びラーメン」の初出張版!
今回は「渡なべインスパイア」ということで、『渡なべ』で出されているラーメンを、樹庵氏自らアレンジを加えたレシピを、スタッフのミカちゃんが一生懸命作ったスープだそうです。

スープはチョーーー濃厚な豚骨魚介スープ。以前渡なべで食べた時よりもはるかに濃厚なスープです。
渡なべでは使わない鶏の使ったということと、ミカちゃんが5分おきにタイマーを鳴らして丁寧にかき混ぜたことが、この濃厚さを生んだのでしょう。
節の量も通常より増やしたとのことで、節によるいい意味でのエグミも現地で食べた時より強く感じます。
麺は硬めの中太麺。渡なべより直接取り寄せた麺だそうです。
具は炙りバラチャーシュー&トロ肉チャーシュー・味玉・デカメンマ・ふわ白ネギ・刻み青ネギ。
メンマの形状は渡なべを意識して?長い板状の物。
ただ通常『渡なべ』のメンマは噛むとジュワっと汁が出るトロトロメンマですが、これは食べ応えがありザクザク感が堪らない、くろくのメンマです。

いや~旨かったです。無化調でこの味を出した樹庵氏はホント凄い人なんだなぁと再実感。
ただ3杯連食でも平気な自分でも、このチョーーー濃厚ラーメンは、1杯でノックダウンでした。。。
でも自分が今まで一番衝撃を受けたお店の味を、まさか仙台で食べれるとは。
しかも厨房内にいた樹庵氏と少し話す機会もあり、名刺交換までさせていただき、心もお腹も幸せいっぱいの一日でした!





                   by hiro (2007年 476杯目)


  • hiroさんどうも。
    開店直前に行列となり、
    道行く人が何事かと驚いていましたよ。(笑)
    私もこの濃厚なスープ、家内が残した分まで全部いただいたら
    ノックダウンでした。
    -- maku (2007-11-03 06:49:14)
  • makuさん、おはようございます。
    開店時、行列できたみたいですね~。私がいた時も常に満席状態を保っていました。
    お店関係者のお知り合いや常連さんはもちろんのこと、東京の人気店の味が仙台で食べれるとあって、普段あまり『くろく』に来ない人も「これは絶対行かねば!」という人も多かったでしょうね。
    私も今までで一番衝撃を受けたラーメンを、また食べれて嬉しかったです! -- hiro (2007-11-03 10:20:28)
  • 昨日はごめんなさい<m(__)m>
    同僚がいなければ隣に座って盛り上がりたかったのですが。
    やはり大テーブルでは盛り上がりません(涙
    でも、沢山の常連さんが挨拶に来てくれて嬉しかったです。
    今度ゆっくりと飲みながらお話がしたいです。
    -- 和尚 (2007-11-03 20:17:44)
  • 昨日は確かに混んでましたね~。
    カウンターには座れましたが、あまりの混みようで、社長に話しかけづらい雰囲気も出ていたので、和尚さんが来るのだけ待ってあとは退散しました。。。
    それにしても80杯が夜だけで完売したというのは凄いですね~。
    -- hiro (2007-11-03 20:48:09)
  • hiroさん、先日はくろくで楽しいお話有難う御座いました♪
    昼間っからビールを飲んでた者です。(笑)
    それにしても、この『お遊びラーメン』 旨い! 旨い!! 旨いー!!
    自分のツボにハマりました~(笑)
    確かに渡なべより、かなり濃厚なスープでしたね。
    この日は樹庵氏とも話せたし、カクテルも作ってもらったし、、
    ラーメン以外でも満足な一時でした。
    hiroさん、機会があれば一杯やりましょうね♪(笑)
    -- ゴールド (2007-11-05 11:54:09)
  • ゴールドさん、どーもです。。。
    先日は色々話せて楽しかったです。
    お遊び旨かったですね~。カクテルも飲みたかったーー(涙)
    ほぼ車なのでなかなかお酒は飲めませんが、今度はジュースでお供します(笑)
    -- hiro (2007-11-06 10:06:41)
名前:
コメント: