|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

いしつか屋

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/10/15
仙台泉線沿い『愛姫』跡地に、この日オープンした『いしつか屋』で「醤油らーめん あっさり 細麺」(650円)を。
スープは表面の油も少なめのあっさり醤油味。和風ではありますが、魚に偏ってはいなく、色々な素材がバランスよく配合されている感じです。
見た目は「昔ながら・・・」的な感じですが、味はどっちかというと今風と言えるでしょう。
麺は中細ちぢれ麺。具は大きめのバラロールチャーシュー・味玉半分・メンマ・小松菜・海苔・刻みネギ。
刻みネギは部位は一緒ですが、中央には丸く刻んだ物、スープに浮かべる物は四角く刻んだ物と使い分けるこだわり様です。
写真では見えませんが、丼内にはスープを注いだ後に焼き石が入れられます。ただそれ程アツアツではないですが、油の少ないスープでも最後まで冷めずに食べれました。

メニュー表を見ると、「壺らーめん」というどこかで見覚えがあるメニューを発見!
店主の聞いてみたところ、予想通り、青葉区小田原の『梅公』で修行した方だそう。
今あるメニューは、ほぼ『梅公』と一緒の物だそうですが、落ち着いてきたら自分で考えたメニューも出すとのこと。
とりあえず次回は、1日10食限定という「濃コクらーめん」(確かこんな名前)を食べてみたいです。





                   by hiro (2007年 435杯目)


  • 行ってみます。 -- ちょび (2007-10-16 23:06:09)
  • ちょびさん、マイドです。
    この店は駐車場がちょっと入りづらい(出づらい)ので、気をつけて! -- hiro (2007-10-17 11:54:25)
  • こんばんわ
    気になってたんです!ここにくれば情報があるかも!!って思ったら・・・ナイスです!
    今度チャレンジします! -- 293 (2007-10-20 01:42:49)
  • 293さん、どうもです。
    シンプルですが、甘みがあるあっさりスープは老若男女に好まれそうな味ですね。
    修行先の『梅公』は「特製塩ネギ」が売りだったので、塩も食べてみたいです。 -- hiro (2007-10-20 10:37:26)
名前:
コメント: