|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ぷん福まる

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/9/27
初来店の『ぷん福まる』で「黒胡麻担々麺」(880円)に角煮(300円)トッピングを。
紅虎や万豚記などの「際グループ」のお店とのことです。
お店は国分町通りすぐ手前の虎屋横丁をちょっと入った所にあります。

スープは非常にコクのあるゴマスープで、黒ゴマは擦った物と粒状の物がたっぷりとスープの上に浮かんでいます。
数多くの中華の香辛料が複雑に絡み合った"本格派"のスープという印象の鮮烈な味わいですが、山椒はそれほど強く効かせず、辛味もほどほどなので、数多くの人にも好まれそうな味でもあります。
麺は中華料理屋には珍しく、多加水の太ちぢれ麺。歯ごたえもよく、香辛料の効いた鮮烈なスープに負けない存在感。
具は挽肉と刻みニラ。挽肉も様々な香辛料が使われているような複雑な味わいです。
トッピングの角煮は特大サイズの物がゴロッと1塊。トロリと軟らかく、こちらも香辛料の効いた複雑な味わいで美味しいです。

担々麺はあまり食べている方ではないですが、私的には非常に美味しい担々麺だと思います。
黒ゴマ担々麺の中では、仙台駅東口の『葱坊』と並ぶ、満足度の高い一品です。
若干値段が高めですが、ランチだけと思われますが、セルフサービスでライス・スープ・おかず2品(今日はモヤシ炒め2種)が食べ放題なので、場所柄も考えると逆に安いくらいに思えます。
坦々麺だけで9種類あり、その他のラーメンも豊富。つけ麺類も多くあり、非常に回帰性を感じるメニューのラインナップです。
国分町飲み会前は、当分ここに通い詰めること間違いなしです!






                           by hiro (2007年 403杯目)

名前:
コメント: