|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

伊藤[秋田県]

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/9/6
この日は秋田南部へ遠征に行ってきました。
まず1軒目は『伊藤』で「そば」(500円)を。
お店は看板もなく、どこから見てもラーメン屋には見えない風貌です。事前に準備していた外観写真と、隣に『日の出食堂』という店があるというのを知っていなかったら絶対通り過ぎていたでしょう・・・
店内はカウンターのみで、座席数も5,6席くらいしか無かったように思えます。

スープは煮干がガッチリ・鰹節がほんのり効いた魚介系醤油スープ。動物系も使っているそうですが、少々コクをプラスする程度で、全くベタツキがないスープです。
煮干は少々苦味を感じるくらいガッチリ効かせてありますが、生臭みはなく嫌味のない味わい。
麺は自家製の中細ストレート麺。この麺はマジ旨いです。噛んだ時のブチッと切れる食感がたまりません。
麺はあえてダマにして盛ってありますが、麺自体がツルツルなので、まったく絡まることなく、簡単に箸で持ち上げることができます。
具は少量の刻みネギのみ。まさに極上のスープと麺だけを純粋に味わうラーメンです。
ならネギもいらないんじゃないか?って感じですが、このネギがまた相性がいいです。

かなり美味しかったです。無化調でこれだけ魚ダシを濃縮した味を出せるのは流石です。
連食じゃなかったら絶対スープも完飲していたところ。麺も抜群に美味しかったです。
しいて言えば接客は今まで行った店の中でもかなり悪い部類です。いらっしゃいませも無ければ、注文も聞きに来ませんし、ラーメン出す際も無言で丼を置いていき、最後には同じカウンターで新聞を読み出しました。。。
ただ、それがあってもまた食べに来たい至福の味でした。
弟さんがやっている東京王子神谷のお店もぜひ行ってみたいです。





                   by hiro (2007年 371杯目)


名前:
コメント: