|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

めん達

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/5/5
お蕎麦屋さんの『めん達』で「肉中華 冷」(630円)を。(肉中華は温と冷があり)
車で通るたびに「肉中華」の文字がずっと気になっていたお店です。
店の外見から勝手に立ち喰いそば的な窮屈なお店だと思っていましたが、店内はカウンターのみではあるものの、意外にゆったりした感じです。
BGMにはジャズが流れ、主役のそばも山形から直送の太めの生そばを使用しているという、意外にこだわりの店のようです。

スープはそばつゆのような和風のあっさり醤油味。麺は中太ちぢれ麺。具はしっかりめの味付けの鶏スライス数枚と刻みネギ。
麺はよく冷やした感じはありますが、スープは常温といった感じ。
本場山形の肉中華を食べたことないので、こういう物なのかもしれないですが、私的にはもうちょっと冷たい方が好みかな?
今度はおそばも食べてみたいですね。





                   by hiro (2007年 189杯目)


  • これは旨そうですね!
    今度行ってきます!
    さくらんぼ東根の「東亭」と比べてどうですか?
    -- 和尚 (2007-05-06 19:56:41)
  • 和尚さん、どうもです。
    「東亭」さんは未食なので違いは分からないですが、本場同様、ゲソ天などもありました。 -- hiro (2007-05-06 21:06:14)
名前:
コメント: