|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

中華そば 卍6

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/4/10
『卍』で「塩・大盛 アブラまし」に「煮玉子」&「揚げネギ」(共に100円)トッピングを。
久々塩をいただきましたが、この日のはかなり薄味。(邪道ですが、後半卓上の醤油ダレを加えていただきました)
最近麺が軟いことが度々ありましたが、この日の麺は卍らしいゴツゴツの硬めの茹で加減で美味しかったです。
初めて頼んだアブラましは、ゴロゴロ背脂だけ追加されると思っていましたが、スープ表面の油もかなり増量されるようです。
表面から2cmくらいは油の層です。多分今まで食べたラーメンの中で一番油っぽいラーメンです。
この店はレンゲが(男には)出ないので、丼を持ってスープを飲むと油しか口の中に入ってこないので、スープを飲むのは断念・・・
こちらも初の煮玉子はかなり薄めの味付け。揚げネギは量は多めですが、アブラましのインパクトでちょっと隠れ気味です。
いつも特大をいただくので、初めての大盛でしたが、私的にはちょっと少ないかな?(店の貼り紙によると大盛の麺の量は特大の半分のようです)
次回は桜海老トッピングも試してみたいです。



住所:仙台市青葉区五橋2-5-11


                 by hiro (2007年 147杯目)

名前:
コメント: