|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ジャンク・ガレッジ〔東京都〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007/2/26
首都圏遠征1日目、4軒目。
『ジャンク・ガレッジ』で「まぜそば 無料トッピング全部のせ(にんにく・チーズ・焦がし・節・アブラ・課長)」(750円)を。
『六厘舎』のセカンドブランドのお店です。場所も六厘舎のお隣です。
横浜の関内二郎汁無しインスパイア。いわゆる「和えそば二郎系」のお店。
開店20分前で並んでいる人は2人。開店時には10人ほど。
店内はカウンター8席のみの小さな店内です(しかもギュウギュウ)

和えそば系なのでスープは無し。タレと大量の油で味付けしてあります。
麺は浅草開化楼製の平打ちの太麺と極太麺の2種が入っています。歯ごたえは二郎系にしてはちょっと軟らかい感じ。
具はデフォで分厚いバラロールチャーシュー・豚ほぐし・生卵・茹でたキャベツ&モヤシ。
無料トッピングはにんにくは刻みにんにく。チーズはスライスチーズ。焦がしは揚げにんにく。節は鰹の削り節。アブラは背脂・課長は化調です。。。

スーパージャンクな食べ物ですね。絶対に体にはよくないでしょう(笑)
でも現代人はこういう物も望んでいるのも事実です。(自分もそうw)
絶対に何日後かにまた食べたくなるであろう、超回帰性和えそばでした。





                   by hiro (2007年 80杯目)

名前:
コメント: