|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

五福星7

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007/2/3
自家製麺に切り替わった『五福星』で「肉そば」(899円)を。
写真では見えませんが、麺は山形の『ケンチャンラーメン』を彷彿させるような、ちぢれの強い平打ち太麺。シルクを練りこんでいるとのこと。
太麺では珍しく、ほんの少ししかカン水を使ってないそうで、多加水太麺なのに、モチモチではなく、硬めのしっかりとした歯ごたえです。
ノビづらく、最後までいい歯ごたえを保っているし、強いちぢれがスープをよく引き上げてくれるのもいいです。
軟めの麺が好みの人にはちと硬すぎるかもしれないですが、私的には以前の麺よりは断然こっちの麺の方が好みです。
たまたまかもしれないですが、チャーシューも移転当初に比べ厚みが増した感じ。移転前くらいの厚みでジューシーで美味しいです。

こちらは「熟玉(クリックで断面)」(157円)と「ブタめし」(231円)。
熟玉はいつものように、漢方系の風味にネットリとした卵の黄身が何ともいえない旨さ。昔は苦手に思った味ですが、今では見事にハマッっています。

ブタめしはチャーシューとメンマの炊き込みご飯。
移転前は熟玉同様、漢方系の独特な味付けでしたが、現在はチャーシューダレで味付けしたような食べやすい味になっていました。
以前は好き嫌いが分かれる独特な味だったので、万人受けするように変えたのかも?

自家製麺の効果なのか、スープも以前より美味しく感じました。相変わらずの行列ですが、これからはちょこちょこ来たいと思います。



住所:仙台市泉区野村字馬場屋敷11-2


                 by hiro (2007年 48杯目)




  • そう言えば夏と冬ではスープが違うと聞いていましたが、その辺はどうなのでしょうか? -- 熊ちゃん (2007-02-11 20:36:38)
  • たまにしか食べに行ってなかったので、その辺の違いはちょっと分からないです。 -- hiro (2007-02-11 21:39:48)
名前:
コメント: