|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

味安屋

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最初の来店時は醤油ラーメンを食べました。
その時、やっと佐沼にもこんな味の店が出来たんだと思いました。
佐沼にも評判のチェーン店はあるんですが、ラーメンとしての評価が自分の中ではしっくりこない感じがしていました。
だからといって、まずいわけでもなく自分も結構通っていたしおいしくも感じてはいました。
言い方を変えた方がわかりやすいですね。
中華そばが食べたかったのかもしれません。
で、味安屋に最初にいって醤油ラーメンを食べたときに思ったのが最初に書いた内容です。
でも、ここの一番の評判は担々麺とのこと。
担々麺では珍しい塩ベースの味付けだそうです。
ラー油も自家製でとのこと。
ということで、食してみました。
今まで食べた経験の少ない担々麺の中では上ですね。
担々麺があっさり系というのが何とも不思議で、本来あっさりの中華そばが好みの自分の舌とマッチしたんですかね。
トッピングの挽肉の甘辛煮みたいのがあるんですが、それだけが好み外でした。
というのも、自分は砂糖系の甘いのが苦手なのでそう思うだけで、本来ならあっさりの味に、味の変化や風味とインパクトを加えるトッピングなんだと思います。
なので、一番最初に混ぜ混ぜしてはいけません。それを、レンゲにすくって、あらかた麺を食べ終わったら最後のほうに混ぜましょう。と自分に言い聞かせる。

住所 宮城県登米市佐沼字江合1-1-2
電話 0220-22-5499



                                         by JIJI

  • 坦々の挽肉は甘辛いのと醤油なんかで炒めたようなのとに二分されますよね。
    ウチで坦々麺を作るときは後者ですが、辛いのが苦手な人には前者の方が辛味が緩和できていいのかもしれませんね。

    ちなみに私は食べる前に思いっきりかき混ぜて溶かしてしまいました。その方が甘味が気にならないので。 -- 灯 (2005-08-24 06:11:27)
名前:
コメント: