|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

林福楼

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007/1/5
『林福楼』で「刀削面」(800円)を。
今年の目標の一つとして、未食のお店を多く回ることを掲げています。(去年初来店のお店は全体の20%しかなかったので)その目標の今年第一弾としてこの店を選択。
麺は練った小麦粉をブリキの刀で削りだして茹でた、中華麺というよりややうどんに近い感じの麺。
勝手な想像で刀削麺は食感が軟らかいと思っていましたが、とてもコシが強くモチモチした食感。麺の量も結構多めです。
スープは白濁していますが、あっさりとしたスープ。スープを舌の上で転がすと、とても複雑に旨みが絡み合った味わいなのが分かります。
具は挽肉・チンゲン菜・にんにく風味のトマトソース。トマトソースがスープに溶け合うことで、更に複雑なスープに変化します。
とびきり旨いという感じではないのですが、あっさりながらもとても深い味わいのスープです。自分の中ではかなりヒットです。

こちらは「チャーシューごろごろレタスチャーハン」(800円)とサービスのスープ。
名前の通り、大振りのチャーシューの角切りがたっぷり入ったチャーハンです。
ピーナッツ油を使用している感じの香ばしい風味。その他の調味料も中国の物を使っているような風味を感じます。
ご飯のパラパラ感はやや足りない感じはしましたが、味自体はなかなか美味しいです。
チャーハンに付いてくるスープも、ワカメ・豆腐が入ったトロミが付いた卵スープ。中華料理屋のサービススープは大概、醤油ラーメンのスープそのままみたいな感じが多いですが、この店はサービススープも手抜きなし。味も美味しいです。

宿題店にする理由として「大した事ないだろう」という気持ちがそうさせることが多いですが、この店はいい意味で期待を裏切る美味しさ。
連れから少し分けてもらった辛みの効いた坦々麺風の「麻辣刀削麺」も美味しかったです。ぜひ再来店して、色々食べてみたいです。





                    by hiro (2007年 9杯目)

名前:
コメント: