|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

プチ自作3

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/11/12
この前、デパートの物産展で買ってきた、札幌の『てつや』の味噌ラーメンで具だけ自作のプチ自作を。


こちらは具の豚の角煮と燻玉。
『てつや』の味噌はかなり濃厚なので、それに負けないように、チャーシューは濃い目の味付けの角煮にしてみました。高圧の圧力鍋で仕上げているので、トロトロの食感です。
今回はずっと欲しいと思っていた家庭用燻製器がやっと手に入ったので(注文してから3ヶ月以上待ちました・・・)燻玉に初挑戦です!
3日ほどタレに漬け込んだ味玉を、表面の水分を拭き取り燻製器にかけます。
予想以上に色付きも良かったですが、やや調理時間が長かったようで、トロトロの半熟に仕上げた味玉が、ほぼ固ゆで状態になっていました。この辺は今後の課題です。
ついでに燻製器の上の方の四角い物体は、酒のつまみ用についでに作ったスモークチーズです。。。

ラーメン完成。
その他の具は、自家製メンマ・モヤシ・カイワレ・炙り焼きのナルト・輪切りの白ネギ。
炙り焼きナルトはパッと発想が浮かんだのでやってみましたが、炙りすぎると色合いが悪いし、炙り足りないと炙る前とほとんど味が変わらないので、以外にちょうどよく炙るのが難しかったです。
香ばしさは予想よりは付きませんでしたが、ナルトの生臭さが減少し、食感的にもそのままより私的にはいい感じになりました。
普段はあまり乗せないモヤシやカイワレも、超濃厚味噌スープには非常に効果的な口休めになっていたのも、思い通りにいきました。
ただメンマはちょっと辛くなりすぎました。いつもは豆板醤で辛みを加えるところを、何を思ったか(考え事をしながらやっていた)大量のタカの爪を加えた為、激辛メンマになってしまいました・・・

燻製は今後は燻玉だけでなく、チャーシューや香味油を作る際の節系なども試したみたいです。


                                           by hiro




名前:
コメント: