|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

渡なべ〔東京都〕

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/10/30
3軒目は『くろく』の青田店主の修行先である『渡なべ』で「らーめん」(800円)を。
2軒目の『海老そば けいすけ』からかなり近い場所にありますが、大通りにある『海老そば けいすけ』に対し、こちらは小道にある為、場所はちょっと分かりづらいです。店の外装も含め、"隠れ家"といった感じの雰囲気を感じます。

いわゆる"豚骨魚介系"ラーメン。宮城でいうと『とがし』が一番近いので、とがしとの比較で説明しますと、魚介は鰹・海老系のとがしに対し、渡なべは鯖?がガッチリと効いているように思えます。トロミのタイプも違いますね。
麺は極太のとがしに対し、渡なべは中太麺。替え玉もあり、替え玉は細麺とのこと。
具はバラチャーシュー1枚・デカメンマ・ふんわり白ネギと刻み青ネギ。
デカメンマは『くろく』っぽくはありますが、形は長方形で、歯ごたえもコリコリ感の強い『くろく』に対し、こちらは軟らかく、噛むと汁がジュワっと出てくる感じです。

とがしほどの"ガツン!"はないですが、こちらは更に丁寧さを感じます。よくぞ無化調でこの味が出せるなと感心してしまいました。
お冷も『くろく』同様、とても美味しい水です。今回の遠征の中では一番美味しい水でした。
連食時は基本的にスープは残しますが、あまりの美味しさに今回の遠征で唯一スープまで完食。非常に完成度の高さを感じるラーメンでした。今までで一番の衝撃かも?



住所:東京都新宿区高田馬場2-1-4


                                    by hiro



  • 私も3年前に頂きましたがスープの粘度に衝撃を受けました。
    濃厚魚介豚骨のハシリ的存在のお店だと思ってます。
    hiroさんの言う通り、仙台だと「とがし」が似てますよね。
    姉妹店の六坊に行ってみたい今日この頃です。
    -- はらへリズム (2006-11-13 07:55:30)
  • 確かにジャンク系豚骨魚介の『六坊』も気になります。
    お店の人にも六坊もぜひ!と言われたんですが、時間の関係もあり今回は行けませんでした。次回はぜひ行ってみたいです。 -- hiro (2006-11-13 09:54:27)
名前:
コメント: