|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

不如帰〔東京都〕

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/10/30
長年の夢であった首都圏遠征に2泊3日で行ってきました。首都圏のラーメン本を通販で買ったり、東京修行経験がある店主などに聞いたりして、2ヶ月以上かけてお店をリストアップしました。

1軒目は『不如帰(ホトトギス)』で「そば」(700円)を。
今年オープンしたお店の中でも好評価を得ているお店です。開店5分前に着いて行列はゼロでしたが、オープン直後には10人くらいの行列になり、カウンターのみの小さな店内はすぐに満員に。

スープは油もあまり浮いていないあっさり醤油スープ。揚げネギが少量浮かんでおり、ほんのり香ばしい香りが漂ってきます。
スープは口に入れた瞬間は魚系の味がし、すぐにこの店の売りであるハマグリがフッと出てきます。ここまでハマグリ主軸のスープは初めての体験です。
麺は低加水気味の中細麺。具はバラチャーシュー・海苔・刻みネギ・穂先と極細通常のメンマ2種。麺は部位の違う2種を乗せるこだわり様ですが、コリコリ感が売りの通常メンマが極細の為か、正直あまり歯ごたえに差を感じませんでした。

ハマグリを主軸に使っていますが、生臭みもなく、とても丁寧に作られているという印象のラーメンです。
写真では分かりづらいですが、丼の形や丼の受け皿もとてもオシャレで、見た目でも美味しくさせるラーメンでした。





                                    by hiro





名前:
コメント: