※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ボーマンダ わざ構成論2


 アドバンスジェネレーションの一般ポケモン(伝説でないポケモン)の中では、メタグロスと並んで非常に弱点の少ない強力なポケモンです。その攻撃力を活かすためにも、特に細かいことを考えずにガンガン攻めるのがこのポケモンの使命といえるでしょう。

特殊型ボーマンダ


 ボーマンダはその攻撃力に注目がいきますが、とくこうの種族値110は決して低い数値ではありません。そして、現在物理系が全盛である以上、ボーマンダが特殊系で攻めるというのは運用してみたいと思わせる面白さをはらんでいます。

 攻撃わざ候補は以下。

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
かえんほうしゃ ほのお・特殊 95 100 15 10%でやけど
りゅうのはどう ドラゴン・特殊 90(135) 100 10  
ハイドロポンプ みず・特殊 120 80 5  


 一転、物理と比べてどうしても見劣りするラインナップです。しかしながら、タイプ一致で威力は【ドラゴンクロー】をしのぐ【りゅうのはどう】、ほとんどのはがねポケモンに対するリーサルウェポンとなる【かえんほうしゃ】、そして威力は申し分のないプラスアルファのみず技【ハイドロポンプ】。決して悪くは無い構成だと思います。
 この構成だと、やはりみず相手にすこし梃子摺ります。みずポケモンは同時にこおり技を覚えることが多いため、このみずポケモンに対する対策は一計を案じる必要があるかもしれません。
 ベストなのは、【めざめるパワー・くさ】でしょう。しかしなかなか出すのは簡単ではありません。そんな場合は物理攻撃で埋めることを考える向きもあるかもしれません。しかし、ここで一考してみましょう。
 ボーマンダの特攻MAXは、レベル50補正ありで178です。一方、攻撃に関しては、ダウン補正と仮定すると、努力値0、個体値15として132です。特攻に補正がなかったらMAX162であると考えれば、実はそれほど攻撃も捨てたものではないことになります。
 特攻178、攻撃132だった場合、簡単のために特攻180、攻撃130として考えると、その割合は特攻×0.72=攻撃です。つまり、攻撃わざの威力は、特殊わざの威力の7掛けで求められるということです。
 みずタイプに効果のある電気タイプのわざ、すなわち【かみなりのキバ】は威力65ですから、その7掛けで約47。つまり、こういうことです。

 【かみなりのキバ】は、でんき・特殊・威力47のわざである。

 これを効果抜群のみず相手に使えば、威力は94。仮に「たつじんのおび」を持っていたとしても、威力は108どまりです。この威力なら、【りゅうのはどう】の方がはるかに効率がいいことになります。
 もちろん、相手の防御がどちら重視か、あるいは壁の種類などによって変わっては来ますが、基本的にはわざわざ効果抜群を狙って両刀にする意味はない、ということです。



わざ構成・最終回答

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
りゅうのはどう ドラゴン・特殊 90(135) 100 10  
かえんほうしゃ ほのお・特殊 95 100 15 10%でやけど
ハイドロポンプ みず・特殊 120 80 5  
めざめるパワー くさ・特殊 70 100 20 次点はでんき

 特殊タイプのフルアタ。めざめるパワーを出すのが最大の難関。ハイドロポンプは遺伝によりGET。ほのおわざの【かえんほうしゃ】がインパクトがあってよい。さらなるインパクトを狙うなら【だいもんじ】。


能力論


 基本的には、物理フルアタと同じ考えでいいでしょう。


持ち物


 基本的には、物理フルアタと同じ考えでいいでしょう。




.