※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メタグロス わざ構成論


 メタグロスははがねポケモンとしての耐久力と攻撃力の高さとを併せ持つポケモンです。エスパーでもあるという名の通り、とくこうの値もかなりの数値を示しています。メタグロスを両刀にするかというのは、一応考えておくべき要素となります。

おぼえるわざタイプの整理


 メタグロスはその高い攻撃力を活かした物理型にするのがベストです。そこで、物理タイプで覚えるわざを再確認しましょう。
(威力はタイプ一致計算などを含む)

わざ名 タイプ いりょく 命中 PP 効果
おんがえし ノーマル 102 100 20  
かわらわり かくとう 75 100 15 壁壊し
つばめがえし ひこう 60 - 20 必中
じしん じめん 100 100 10  
ヘドロばくだん どく 90 100 10 どく(30%)
いわなだれ いわ 75 90 10 ひるみ(30%)
れんぞくぎり むし 10 95 20 連続攻撃
コメットパンチ はがね 150 85 10 こうげき↑(10%)
シャドーボール ゴースト 80 100 15 とくぼう↓(20%)

 このように、むしわざ以外はそれぞれのタイプの主戦級のわざを使うことができます。そこで、主力兵器と目されるコメットパンチを含めて、どのわざを使っていくかを考える必要があります。

物理フルアタ型


 物理タイプわざは、はがねに対処できるかどうかで組み合わせを考えるのが最もよいと思います。その考えで話を進めると、かくとうわざにゴーストわざをプラスしたものがひとつの候補。もうひとつはじめんわざにいわわざをプラスしたものです。しかし、はがねわざの【コメットパンチ】も、威力のうえでは捨てがたい。

 まず、【コメットパンチ】入りの構成を考えましょう。はがねタイプは受けの面では非常に強力ですが、攻めの面では貧弱です。いわ・こおりという「カタマリ系」には強いですが、ほのお・みず・でんきといったメジャータイプにはダメージが通りません。同属(はがね)にも同様です。そこで、それらにダメージをきっちりと通せるわざが必要です。もっともベストなのは、ほのお・でんき・はがねにダメージ倍のじめんでしょう。【じしん】は威力も申し分ありません。【じしん】を入れるのであれば、それにかぶせるようにいわ、あるいはひこうタイプのわざを入れるのがいいと思います。フルアタならば【いわなだれ】と【つばめがえし】でしょうか。

 かくとうわざ【かわらわり】を基本とする構成はどうでしょう。
 これに相性がいいのはゴースト【シャドーボール】です。これならば、全てのポケモンに必ず等倍以上のダメージを通すことができます。あとは面倒なポケモン相手にアドバンテージを取れる構成を考えればいいのです。
 メタグロスが最も苦手とするのはほのお、続いてじめんです。ほのおタイプの相手が出てきたら即座に抹殺しなければなりません。そんな時には【じしん】か【いわなだれ】が候補となります。ひこう系意識なら【いわなだれ】、威力重視なら【じしん】を選ぶのがよさそうです。
 相手がじめんタイプであった場合、残念ながら物理タイプではじめんタイプに相性のよいわざがありません。なので、潔く諦めて別の構成を考えるのがベストです。候補としては、わざの種類が豊富なノーマル、かゆいところ(かくとう、くさ、むし)に手が届くひこう、威力重視のはがね、そして弱点を多く突けるいわでしょうか。そのあたりはいろいろと考えるべきです。

 物理フルアタで最も気をつけたいのは、メタグロスの侵攻スピードについてです。メタグロス自身はすばやさ種族値70(努力値0個体値31で176)とたいしてすばやいわけではありません。場合によっては、弱点を突かれて急所即死という事態にもなってしまいます。よって、後攻になったとしても相手を確実に殺すことができるわざを取捨選択すべき、ということになるわけです。そういう面からも、命中率に難のある【コメットパンチ】を必ず入れろとは言えません。

 【ヘドロばくだん】は、あえてメタグロスが持つ必要性が薄いという意味ではオススメしません。むしわざも、【めざめるパワー】として威力65以上が狙える場合でないのなら、こだわる必要はないでしょう。


補助わざ型


 メタグロスを無理にフルアタにする必要があるかといえば、そういうわけではありません。例えば、【じしん】はメタグロスに対して2倍のダメージです。一方、メタグロスが【てっぺき】をひとつ載せればダメージは相殺されることになるでしょう。【ねむる】で蓄積ダメージをリセットするという方法もありでしょうし、弱点のほのおをシャットアウトする目的で【ひかりのかべ】を建てるという戦略もなきにしもあらずです。守備面で安定するのは、【てっぺき】を積んだ後で【ねむる】カゴ覚醒でしょうか。ただ、こうすると攻撃わざが2個となってしまい、メタグロスとしてはやや面白くない構成となります。


最終候補


No.1 コメットパンチ じしん いわなだれ つばめがえし
 この構成は様々な相手に対処でき、なおかつ威力も申し分ないという構成。ただ【コメットパンチ】【いわなだれ】など命中率に不安があります。

No.2 かわらわり シャドーボール じしん α
 αには【いわなだれ】【だいばくはつ】【コメットパンチ】【つばめがえし】のいずれかが入ります。命中100のわざが揃っているので、この構成であれば【コメットパンチ】も入るでしょう。弱点を突くという意味では【つばめがえし】ですが、ひこう系が怖ければ無難に【いわなだれ】。【だいばくはつ】はタイミングが重要ですので上級者向け。

No.3 てっぺき ねむる シャドーボール かわらわり
 防御面で安定。ただしピント型に弱いうえ、わざの威力的にインパクトに欠ける部分があります。つまり「なんとなく強くない」という印象のあるメタグロスになる危険性があります。

No.4 ひかりのかべ じしん コメットパンチ いわなだれ
 ほのお対策は万全ですが、逆に【じしん】にはあまり強くないという感じです。【コメットパンチ】【いわなだれ】の低い命中率もネックとなります。

 賛否両論あると思いますが、例えば以下のようになるでしょう。(全てシングルと仮定)

状況 最適な構成
対人対戦 状況による
タワー No.1
ドーム No.2+【だいばくはつ】
アリーナ No.2+【つばめがえし】
チューブ No.1
ピラミッド No.3 or No.2+状況に応じて
パレス 別ページ参照