※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サーナイト わざ構成論(パレス特化型)


 サーナイトの優秀なステータスを持ってすれば、パレスでも優秀な成績を修めることができるはずです。

わざ構成


 わざ構成を何にするかが問題です。自分で運用するわけではありませんから、【サイコキネシス】【10まんボルト】【ほのおのパンチ】に【れいとうパンチ】を入れて完全フルアタにするのも悪い選択肢ではありません。しかし、そうするとロスも大きくなってしまいます。例えばせいかくを「がんばりや」にすれば、攻撃率はわずか6割です。これは、「命中率6割」と言っていることに等しいですから、それを考えるとお勧めはできません。

 というわけでパレスでロスを失くすには、攻撃わざ、自分補助わざ、敵間接わざの3種類を持っておくことだといえます。

 幸いサーナイトの場合、積めば積むほど威力が増す【めいそう】を覚えることができますので、これを自分に対する補助わざとして確保します。【サイコキネシス】と【めいそう】。ひとまずこれが候補でしょう。

 あとは、敵に対する間接わざを入れるか、入れずに【10まん】【ほのおのパンチ】を入れるか、という話になってきます。それはおそらくせいかくにもよるでしょう。

 バトルタワーなどと同じく、相手の動きを止めるわざを入れていくのが基本です。候補としては、ほぼ100%まひさせる【でんじは】、ほぼ100%こんらんさせる【あやしいひかり】などです。サーナイトが使えるもので面白いのは、たとえば以下でしょう。

わざ 効果・解説・備考
おにび 命中75でやけど状態。足りない防御を補う意味で
いちゃもん 同じわざを出せなくなる。相手の動きを止められる
さいみんじゅつ 命中60でねむり状態。当たればラッキー程度に
メロメロ メロメロにする。うまく決まれば効果大

 これらに魅力を感じなければ、攻撃わざ3つでOK。

 ただし、なにか間接わざを入れるなら、攻撃わざを1個削る必要があります。威力も申し分なく、ドラゴン相手にも立ち回れる【サイコキネシス】は外せないとして、残りをどうするか。これはどのようにしても必ず一長一短あります。【10まん】を選ぶならレアコイル、ハガネールあたりに苦戦しますし、【ほのおのパンチ】を選ぶならボスゴドラ、バンギラスなどに太刀打ちできないでしょう。【れいとうパンチ】ならはがね相手にまったく何もできず、話になりません。いずれにせよ、自分では選べないので、ある程度の諦めは必要と思います。


せいかく


 2パターン考えてみます。

 まず攻撃3補助1、つまりサイキネ、10万、ほのおP、瞑想の場合。

 この場合は間接がありませんから、できるだけ間接わざ率の低いせいかくを選ぶべきです。総じて間接率の低いものは以下です。

せいかく 解説・備考
ゆうかん 最初は攻撃が多いが、HP減少で補助が増える。こうげき↑で使いづらい。
やんちゃ 傾向はゆうかんの逆。ただしこうげき↑。
せっかち 最初は攻撃:補助=3:2程度、HP減少でほぼ攻撃。使いやすいが、ぼうぎょ↓が難
おとなしい 最初はほぼ補助、HP減少でほぼ攻撃。これもぼうぎょ↓が難
|

 これ以外のせいかくでは、おそらく使い物になりません。この中から決めてください。個人的には、わざのバランスでいえば「せっかち」がいいと思います。努力値はぼうぎょに振れば振るほど損をする計算になりますが、【めいそう】を積むことを考慮してぼうぎょに厚めがいいでしょう。逆に、思い切ってとくこうに振らない、という運用もないわけではありません。ぼうぎょ・HPに252ずつというタイプも、パレスならではです。


 次に攻撃2補助1間接1、つまり攻撃を1個抜いて間接わざを入れた場合。

 この場合は、【めいそう】は積むもの、間接は一発でも出ればありがたいもの、という感じで区別するのがいいでしょう。しかし、あくまでも主力は攻撃わざです。

せいかく 解説・備考
いじっぱり 最初は均等、HPが減少で攻撃増は魅力。ただしこうげき↑
すなお 常に攻撃:補助:間接≒2:1:1、つまり均等にわざが出る
ひかえめ HP減少してから間接の割合が減るが、補助率も増えてしまう
れいせい すなおに同じ。こちらはとくこう↑すばやさ↓
きまぐれ すなおに同じ

 すばやさを犠牲にする覚悟があるなら「れいせい」がベストな選択。そうでなくても、「すなお」「きまぐれ」といったノーマルなせいかくで充分運用はできます。


もちもの


 パレスは時間がかかる場合が多いと思われるので、どう考えても「たべのこし」がベスト。ただし、当然パレスではもちものが重複してはいけないので、攻撃重視ならば「かいがらのすず」ぼうぎょ重視なら「たべのこし」と変えていく必要はあります。

 その上で、すばやさ重視なら「おうじゃのしるし」すばやさを犠牲にするなら「せんせいのツメ」などといった小細工も運用のひとつです。