※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ボーマンダ わざ構成論


 アドバンスジェネレーションの一般ポケモン(伝説でないポケモン)の中では、メタグロスと並んで非常に弱点の少ない強力なポケモンです。その攻撃力を活かすためにも、特に細かいことを考えずにガンガン攻めるのがこのポケモンの使命といえるでしょう。

物理型ボーマンダ


 さて、ボーマンダの基本形ともいえる物理フルアタ型について考えてみます。

 まず、攻撃わざとしての候補は以下。

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
ドラゴンクロー ドラゴン・物理 80(120) 100 15  
ほのおのキバ ほのお・物理 65 95 15 10%でやけど
かみなりのキバ でんき・物理 65 95 15 10%でまひ
しねんのずつき エスパー・物理 80 90 15 20%でひるみ
かみくだく あく・物理 80 100 15 10%でとくぼう↓
アイアンテール はがね・物理 100 75 15  
じしん じめん・物理 100 100 10  
つばめがえし ひこう・物理 60(90) - 20 必中
シャドークロー ゴースト・物理 70 100 15 急所判定+1
ストーンエッジ いわ・物理 100 80 5 急所判定+1
かわらわり かくとう・物理 75 100 15 壁破壊


 このように、わざのタイプに関してはほぼ文句なしといえます。よって、ボーマンダはその適度に富めるスピードを活かしつつ、フルアタック型にするというひとつの指針が思い浮かぶわけです。
 では、何を選択すればいいか?
 フルアタの基本は、
1:より多くの敵の弱点を突けること
2:対応できない敵をなくすこと
 です。それを、以下の相性表からさぐっていきましょう。


名前
ドラゴンクロー
ほのおのキバ
しねんのずつき ×
かみなりのキバ ×
かみくだく
アイアンテール
じしん ×
つばめがえし
シャドークロー ×
ストーンエッジ
かわらわり ×


 これらを考察してみると、わざが豊富にあるという関係上、まず両刀にする必要性は全く無いということがわかります。ひとまずジェネラルな育成論としては、両刀をオススメはしません。

 ボーマンダの天敵ともいえる氷ポケモンに対してアドバンテージを取れるいわあるいはかくとうを持つべきですが、一方で氷ポケモンでなくともこおりわざを使ってくる向きは多くあります。しかし、フルアタ型のもっとも基本的な運用方法として、すばやさの伸長は欠かせません。とくぼう・HPに一切努力値を振っていない状態なら、【れいとうビーム】を喰らったら、ほとんどの場合、安定1発となります。

 そこで、「すばやさMAX状態のボーマンダにすばやさで勝ち、なおかつこおりわざを使ってくる(強い)ポケモン」をある程度暗記する必要があります。

状況 ポケモン(括弧内は耐えられるターン数)
補正ありMAX フーディン・スターミー・ゲンガー(以上安定1)エレブー(乱数1)
補正なしMAX ドククラゲ・ケッキング・ルージュラ・サメハダー(以上安定1)

 これはあくまでも「可能性」にすぎませんが、ケッキングがすばやさに努力値全振り+すばやさ補正、というのは有り得ない話ではありません(もちろん理想論ではケッキングにすばやさ補正は微妙なところですが、ポケモンは確率のゲームですからトレーナーの「妥協」ということもあります)。


 わざの相性からわざを構成するのならば、まず組み合わせたいのは「かくとう」+「ゴースト」、あるいは「いわorひこう」+「じめん」です。ここから導き出される構成はひとつ。【かわらわり】【シャドークロー】であり、【じしん】【ストーンエッジ】or【つばめがえし】。
 しかしながら、この構成はやや破壊力に劣る部分があります。やはりタイプ一致で威力大の【ドラゴンクロー】は入れてみたい。そういう場合であれば、上記の二種類の組み合わせのうち、どちらかと【ドラゴンクロー】を組み合わせればいいと思います。
 実際、こおりわざを持たないボーマンダが、ドラゴン対策になるドラゴンわざを持つことには大きな意味があります。
 かくとうゴーストを持つなら、かくとう技が苦手とするひこう・どく・むし・エスパーに手広く対処できるいわかほのお。
 じめんひこうを持つなら、ひこうタイプを撃墜できるいわかでんき。
 じめんいわを持つなら、対処不能なじめん・かくとう・くさをより手広く攻撃できるひこうを。
 それぞれ持てばいいでしょう。


わざ構成・最終回答1(影爪型)

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
ドラゴンクロー ドラゴン・物理 80(120) 100 15  
シャドークロー ゴースト・物理 70 100 15 急所判定+1
かわらわり かくとう・物理 75 100 15 壁破壊
ストーンエッジ いわ・物理 100 80 5 急所判定+1

 【シャドークロー】を搭載したフルアタ。ゆえにゴーストへの対応力が魅力。【ストーンエッジ】も加えて、急所にあたりやすい技が多いのもいい。


わざ構成・最終回答2(地震型)

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
ドラゴンクロー ドラゴン・物理 80(120) 100 15  
つばめがえし ひこう・物理 60(90) - 20 必中
じしん じめん・物理 100 100 10  
ストーンエッジ いわ・物理 100 80 5 急所判定+1

 【じしん】を搭載したフルアタ。【つばめがえし】のタイプ一致もあわせて、ひとつひとつのわざの威力が高いのが魅力。ただし、特性「ふゆう」を持つポケモンが出てくると厳しくなる。


能力論


 フルアタで最も重要なのは素早さと攻撃力。すなわち努力値はこうげき252すばやさ252で問題ないかと思います。とくにすばやさは種族値100というポケモンが多く、1ポイントの差で先攻できるかどうかが決まることも少なくないので、拘りたいところです。いじっぱりではなく、すばやさ↑とくこう↓の「ようき」も候補に入れて考えてみたら良いと思います。


持ち物


 速攻フルアタの友である「おうじゃのしるし」「いのちのたま」などが安定します。特性「いかく」を持っている関係上、「きあいのタスキ」戦術は向かないと考えるべきでしょう。
 すばやさに不安を残すのであれば「こだわりスカーフ」も。
 あるいはドラゴンの天敵であるれいとうビームの脅威にさらされることを考えると、やや守り気味ではありますが、効果抜群のこおり技を半減してくれる「ヤチェのみ」を持たせるのも戦略としてアリ。(それでも2倍のダメージを受けてしまいますが……)






.