Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世紀末ファイル共有ソフトPP4U

世紀末ファイル共有ソフトPP4Uの目次ページ(準備中)です。


注意

PP4Uは開発中のソフトウェアです。
誤動作する可能性もあるので、重要なファイルの取り扱いには十分注意してください。

世紀末ファイル共有ソフトPP4Uってなあに?

PP4Uは手軽にファイル共有を行うためのソフトウェアです。ポエムももちろん共有できます。
他の人が持っているファイルをダウンロードしたり、自分の持っているファイルを他の人と共有することができます。
サーバーを用意する必要のないピュア型P2Pを採用しているので,面倒な設定は極力排除してあります。

pp4unetwork.png

PP4Uの使い方を知りたい方は PP4Uの使い方 を参照してください。
PP4Uの本体やソースをダウンロードしたい方は PP4Uのダウンロード を参照してください。
PP4Uの雰囲気を知りたい方は PP4Uの動作イメージ を参照してください。


PP4Uの特徴

必ずしもメリットばかりではないPP4Uの特徴です。

マルチプラットフォーム対応

Java言語で開発しているため,Java仮想マシンが動く環境ならどこでも動作します。
環境特有のウィンドウのデザインはそのままに,どの環境でもほぼ同じ操作性を実現しています。

設定が簡単

  • 待ち受けポートの設定
  • グローバルアドレス(DDNS名)の設定
  • 送信フォルダの設定
  • 受信フォルダの設定
  • 初期接続ノードの追加
以上の5項目さえ設定すれば,すぐに利用することができます。

匿名性が一切ない

ファイルを共有している人のアドレスは常に公開されます。
なので,ひっそりファイル共有を行う必要があるような用途には向かないでしょう。
現状では暗号化機能もないので,大切なファイルは公開しない方がいいかもしれません。


添付ファイル