Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

tondol版




概要

このスクリプトは tondol が睡眠時間を淡々と削りながら書いたものです。過度な期待はしないでください。あと、部屋は明るくして、ブラウン管モニタもしくは液晶ディスプレイあるいは有機 EL ディスプレイから 30 センチは離れて実行しやがってください。

履歴

2008年07月16日 Java開発版ビルド更新
2008年07月11日 Java開発版ビルド更新
2008年07月03日 Java開発版ビルド更新
2008年06月30日 Java開発版ビルド更新
2008年06月27日 Java開発版ビルド更新
2008年06月05日 Java開発版ビルド更新
2008年05月08日 Version 0.02 公開
2008年04月27日 Version 0.01a 公開
2008年04月21日 Version 0.00c 公開
2008年04月17日 Version 0.00b 公開
2008年04月14日 Version 0.00 公開



Java開発版 build 20080716

概要

クライアントのホスト情報が「localhost」や「192.168.11.1」などのアドレスになってしまっては困る場合に,自分で設定したホスト名(DDNS名)をホスト情報として公開できるようにした。また,ファイル一覧やタスク一覧の画面でカラムを指定したソートが行えるようにした。
tetuetには申し訳ないと思いつつも,gridBagLayoutが分からないのでGUI強化はしてません。
ソートすると表示ファイルと選択ファイルがズレる不具合 が発覚しますた。とりあえずソートすんな。

ダウンロード

Download build 20080716



Java開発版 build 20080711

概要

JISAutoDetectがUTF8に効かない問題が発覚したので,通信部のアウトプットをすべてShift-JISで吐くように変更を加えた。Windows環境の人はバージョンアップしても何も変わらないが,LinuxやMacOSで文字化けしてた人はぜひバージョンアップしてテストしてみてくださいな。

ダウンロード

Download build 20080711



Java開発版 build 20080703

概要

テスト期間だけど連日メッセンジャ上でβテスト中。前回からの変更点は「終了時にフリーズする問題の修正」「デバッグ用のエラーメッセージを大幅に増量」「送信するファイル名の変更に対応」などなど。

ダウンロード

Download build 20080703



Java開発版 build 20080630

概要

定期テスト前に限って開発のモチベーションが上がる法則にしたがって公開。前ビルドの問題点はだいたい解決したので,それなりに一般人にも勧められるレベルになってきた。そろそろメッセで公開テストしたいかも。

ダウンロード

Download build 20080630



Java開発版 build 20080627

概要

Weekly-build を出してやるぜ!なんて言ってた過去の意気込みは何処へやら。あれから数週間のときを経て,ようやくアップロード・ダウンロードに対応。Ruby版P4Uの機能をほぼ踏襲しており,Java版同士の通信はもちろん,そのまま Version 0.02 @ Ruby との通信も可能。

改善したいところ

  • タスク中断ボタンを押しても何も反応しない
  • 毎回起動時にファイルスキャンするのでクソ重い
  • ファイルスキャン中は何も操作できなくなる
  • フォルダ設定周りの動作が奇妙
  • ログ出力があまり活用されてない感

ダウンロード

Download build 20080627



Java開発版 build 20080605

概要

Ruby版P4UをJavaに移植してみるテスト。ファイル検索とファイル情報の登録・削除まで対応済み。これからアップロード・ダウンロード部分も頑張る。

スクリーンショット

ss_20080605.png

ダウンロード

Download build 20080605



Version 0.02

概要

レジューム機能が付いたので、不慮の事故でも途中からやり直せるようになりました。プロトコルは Version 0.01 系列とほぼ同じですが、レジュームのために送受信する情報が増えたので、ファイルの送受信部分の互換性はありません。

変更点

  • レジューム機能の追加
  • プラットフォームによって定義されていない謎定数に対応

ダウンロード

Download Version 0.02



Version 0.01a

概要

アップロードフォルダの半自動検索を実装し、ファイルのアップロードを簡単に行えるようにしたバージョン。多い日でも安心です。なお、Version 0.01 はまたまた作成者本人によって黒歴史認定されました。

変更点

  • クライアント側コマンドの変更
  • アップロードフォルダの仕組みを導入
  • FileInfoクラスの大幅な変更
  • 上記に関連する部分のソース修正

サポートしているコマンド

update
クライアントのみ使用可。アップロードフォルダの変更を反映させる
ls [検索ワード]
クライアントのみ使用可。サーバーの共有リストを検索する
lls [検索ワード]
クライアントのみ使用可。ローカルの共有リストを検索する
get [ハッシュ]
クライアントのみ使用可。共有リストにあるファイルを取得する
quit
サーバー・クライアント共に使用可。スクリプトを友好的に終了する

ダウンロード

Download Version 0.01a



Version 0.00c

概要

もう Version 0.00 をリリースするつもりは無かったのにっ!

変更点

  • 半角スペースの混じったファイルを add すると固まる不具合を修正
  • ブロックのバイト数を増やして気持ちだけダウンロード高速化

ダウンロード

Download Version 0.00c



Version 0.00b

概要

取り急ぎ確認済みのバグを直したバージョン。Ver 0.00 とは微妙に互換性がないので、サーバー・クライアントともに更新しないとおもしろいことになるでしょう。起動時のオプションやクライアント・サーバーで実行できるコマンドは変更していません。なお、Version 0.00a は作成者本人によって黒歴史認定されました。

変更点

  • 内部命令 HASH を INFO に変更
  • ファイルの送受信をブロック単位に変更(大容量ファイルに対応)
  • ファイル情報構造体をクラス化、文字列表現を変更
  • エラー処理の改良によるサーバーの安定性向上
  • ディレクトリ設定の試験的導入

ダウンロード

Download Version 0.00b



Version 0.00

概要

何も考えずに作った試験的バージョン。

スクリーンショット

ss000.gif

動作環境

Windows, Mac OS, Linux にて動作確認

ファイル構成

server.rb
サーバー側スクリプト
client.rb
クライアント側スクリプト
common.rb
共通部分のコード(ファイル情報関連)
upload.ini
クライアントの共有リスト(自動で生成される)

使い方

サーバー
$ ruby server.rb [待機ポート]
サーバー例
$ ruby server.rb 8888
クライアント
$ ruby client.rb [サーバーのホスト] [サーバーのポート] [待機ポート]
クライアント例
$ ruby client.rb localhost 8888 7743

サポートしているコマンド

add [ファイル名]
クライアントのみ使用可。共有リストにファイルを追加する
del [ファイル名]
クライアントのみ使用可。共有リストからファイルを削除する
ls [検索ワード]
クライアントのみ使用可。共有リストからファイルを検索する
get [ハッシュ]
クライアントのみ使用可。共有リストにあるファイルを取得する
quit
サーバー・クライアント共に使用可。スクリプトを友好的に終了する

ダウンロード

Download Version 0.00