※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

複線ターンアウトの折り返しでは入った側と反対側に出てくるが、同じ側に出そうとすると折り返しの交差が必要となる。下の図はそれを立体交差で実現するものである。数字はミニブロック橋脚の個数を示す。

0
2
3
4
4
4
3
2
2
1
0
0
2
3
4
4
4
3
2
2
1
0