※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

村人の能力者騙りがなぜいけないのか、1


村人が推理を行う際、もっとも重視するのが占いの真贋である。
この、真贋を推理する際に重要なのが「偽になれる人数が何人いるのか」である。

つまり、 能力者を騙る事ができるのは狂人人狼妖狐、初日のうちに撤回する条件つきで共有者。それに真占い師が加わってくる、と言う前提で推理している。

たとえば、役職を名乗れるのが狼2、狂人、占い、霊能という5人のメンバーで構成された村で、占いCOが3、霊能COが2あったならその時点で占いと霊能の中に狼2と狂人が紛れてることが確定する。

ところが、村人が能力者を騙ってしまうと前提が崩れ、あらゆる可能性が発生し、推理が極めて難解になってしまう。そのため、無役村人が能力者を騙るのは禁止とされている。

したがって、基本的に村人に限らず村人側は(共有者以外は)全員役職を騙るべきではないと言えます。