※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「自分は占い師です」と他のプレイヤーに宣言することを占いCO(うらないしーおー)と言います。ゲームはCOした占い師の数によって展開が大きく変わります。

1CO

COした占い師が1人しかいない場合を1COといいます。COした人が本物の占い師である場合、狩人がその占い師をずっと護衛していれば、昼の処刑と夜の襲撃で次第に人数がすくなくなり、狼は必ず占い師に見つかってしまいます。このため狼側は誰かが占いCOし、本物と区別がつかないように振舞うことが多く、1COの展開は多くありません。

2CO

COした占い師が本物の占い師と狼・狂人・狐の誰かの2人である場合を2COといいます。22人プレイの場合、2COは人数から霊能師もCOすることができます。3COとならんで多く見られる展開です。

3CO

COした占い師が本物の占い師と狼・狂人・狐から2人の3人である場合を3COといいます。よくあるパターンは本物、狼、狂人の3人が占いCOするもので真狼狂(しん・ろう・きょう)と呼ばれることもあります。2COとならんで多く見られる展開です。

4CO

COした占い師が本物の占い師と狼・狂人・狐の誰かの4人である場合を4COといいます。4COでは狼からみて村人になりすましている味方が少ない点が不利なため、行われる数は2CO,3COよりは数は多くありません。