概論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

光の経路を直線と定義する。このとき、
直線に対して成立する数学法則(幾何学法則)は、光に対する物理法則に一致する。

距離を光速×時間で定義する。このとき、
距離に対して成立する数学法則(幾何学法則)は、時間に対する物理法則に一致する。

幾何学法則「直線は最小距離の経路である」は、
物理法則「光の経路はその伝達に要する時間が最小の経路である(フェルマーの原理)」に一致する。

数学法則「三角不等式が成立する、等号は直線」は、
物理法則「速さは上限がある、上限は光速で一定(光速不変上限則)」に一致する。
参照運動の数学的定義