デュルド・ドエナール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【アースF(ファンタジー)】
【名前】デュルド・ドエナール
【性別】男
【年齢】700
【職業】囚人
【特徴】金髪碧眼の幼児
【好き】飴菓子
【嫌い】人間
【特技】戦闘魔術全般、子供の真似
【趣味】魔術研究
【詳細】
今は亡き魔王軍の元幹部。
本来は貴族のような立場であり、気位が高く人間を徹底的に見下している。
勇者によって生け捕りにされ、魔力を封じられた上で厳重に収監されている。
戦闘魔術に長けた種族の出身であり、彼らにとっては人の魔法は児戯に等しい。
魔法特化であるため肉体面では人を圧倒できるほどの強さは無く、敗因も魔法を封殺されたためである
【備考】
背中に魔封じの刺青を入れられており、その上から一切の攻撃を防ぐレベルのプロテクトをかけられている。
刺青が少しでも傷付けば即座に魔力が復活するため、扱いは慎重に慎重を重ねるレベルで行うように通達されている。
種族的には成人しているが人間から見ると幼児としか言えない外見をしており、本人の子供の真似の上手さもあって公開処刑を行えない原因となっている。
ジル・ド・レェジャンヌ・ダルク、魔王存命時に数度の交戦経歴を持つ。
ヘイス・アーゴイル、名前は知っているが面識なし、武器に興味はないがそれに使われている魔法技術は評価している。