※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成者 by オルガフロウ
&ref(http://www9.atwiki.jp/olgaflow_mh2/?cmd=upload&act=open&page=%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%A6%E3%82%B9&file=monster01_white.JPG)
今作では非常に登場が遅く、更に強くなって現れました。
情報は「モンスターハンターG」の物です。
動作に対してでの対処方法を記載していますので、参考程度に
みて頂けると幸いです。

お薦め武器1「双剣」

双剣には鬼神化と言う特殊動作があります。
鬼神化した時の↓攻撃は切れ味が落ちやすいものの、
攻撃回数が多く、威力も高いです。
属性があればGOODです。

攻撃を入れる瞬間

1・レウスは基本性能が高いのですが、ブレス後の隙が非常に
目立ちます。
このときこそ攻撃のチャンスです。
頭を狙って乱舞攻撃をお見舞いしましょう。
2・空中より着地後
このときには抜刀攻撃がお薦めです。
しかし、タイミングを悪くすると風圧の効果を受けてしまい、
攻撃するどころか、隙を作ってしまうので気をつけましょう。

お薦め武器2「大剣」

大剣の攻撃モーションはシンプル且つ強力な物が多いです。
慣れれば飛竜討伐に最適の武器となります。
また、攻撃性能だけではなくガード性能もいいです。
無理な回避は試みず、素直に防ぐのも手です。

攻撃を入れる瞬間

1・上記と同じように、ブレスは当たると非常に痛いのですが
簡単によけれる上に攻撃の絶好のチャンスですので見逃さないようにしましょう。
基本的には「抜刀攻撃」→「切り上げ」→「派生回避」。
一番安全ですが、物足りない場合はなぎ払いもいれましょう。
しかし、この後にしっぽ攻撃や飛び出したりする恐れがあるので
自粛はしましょう。
2・タックル後も大きい隙があります。
タックル中にも攻撃はできますが巻き込まれないように注意しましょう。
==================================================
基本動作
咆哮:
咆哮はガードすることによって防げます。
この時の足や頭を突き出す行為に攻撃判定があります。
地上動作
遅い旋回:
ブレスの場合:
ブレスは直線状でのリーチしかありませんが、
その直線では非常にリーチが長めです。
注意すれば、よけるのにはさほど苦労しません。
飛び出す場合:
飛び出して距離をとってきます。
またはそのまま飛んでいく…。
このときには、かなり強力な攻撃判定があります。

しっぽ攻撃:
隙が無く、予備動作がない厄介な攻撃です。
尻尾を切断していれば難なく回避できます。
なお、予備判定として足元にも攻撃判定があります。

噛み付き:
予備動作は速い旋回です。
リーチが遥かに短く、簡単によけれます。
避けた後は十分に攻撃する隙があります。

空中攻撃
バックブレスジャンプ:(これは地上→空中)
レウスの攻撃でもかなり厄介な物で、こちらの
攻撃の隙にタイミングよく来たりするので
注意が必要です。

滑空攻撃:
こちらの攻撃は滅多に見れませんが、長い時間
飛んでいるとこの攻撃を行ってくる可能性があります。
攻撃の威力が高いので素直にガードしましょう。

毒爪:
空中の飛んで、足をモゾモゾさせたらこの攻撃です。
当たると毒・確実に気絶します。
この攻撃の対処は素直にガードするか、
レウスの影の下に行くことです。

空中ブレス:
空中より三回ブレスをはいてきます。
その分距離は短いので距離をとる、
ガードなどで防げます。
レウスの真下も安全ですが、ずっと居ると
風圧で隙を作るので間を見て移動しましょう。
==================================================