|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年05月22日/窓の手

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
939 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/22(月) 08:10:15 ID:JKoLA+u20
何年か前、車で3車線道路の一番右側を走ってたら何か流れが悪い。
前の方を見ると5,6台前の車が徐行してる。その車が走り出すとまた次の車が徐行する。
2台前の車は停止してクラクションを短く鳴らした。
よく見たら左側の渋滞してる車線に並んでる車の運転席の窓から手が出てる。入れて欲しい
のかと思ってみんな徐行・停止する。でも全然入ってこない。この繰り返しで流れが悪くなってた。
自分の車の番になったけど手を出してるのにやっぱり入ってこない。追い越しざま何してん
のかって見たら手はなくなってて普通におばさんが両手でハンドル握ってた。窓も閉まってた。
あそこにいた人は全員に見えてたんだと思う。


940 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/05/22(月) 14:20:30 ID:QbpfVh4M0
→939
怖いという感じはないけど、面白い話だね。



カテゴリ: [極上の恐怖話をあなたに…] - &trackback- 2006年05月22日 18:09:36
名前: コメント:
#blognavi