|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年05月17日/私にも頂戴

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
798-804 本当にあった怖い名無し 2006/05/16(火) 23:02:10 ID:YwZWUbalO
変な記憶ではないですが。僕が小1の時の記憶。 その日、僕は一人と愛犬で留守番していました。
時間は夜の八時ぐらいだったと思います。一人で淋しかったんで愛犬のコロとジャレてました。
そしてお腹が減ったんでリンゴを食べていたら、突然僕の耳元で…

『私にも頂戴』と女の子の声が聞こえたんです。
でも、ほかには犬以外ダレもいないんで僕は訳が分からず怯えてました。
両親が帰ってきたので、その事を伝えても相手にして貰えず
それから二十歳になるまで家ではその事についてはなぜかタブーでした

あれから二十歳になり、突然、父が僕にあの時の事を話し始めました。
僕がまだ幼稚園に行きだした時ぐらいに母は妊娠していたそうです。
しかし、残念な事に死産。女の子だったそうです。
丁度、僕が声を聞いた時と死産した時が同じ日だったそうで。

父は僕に泣きながらその事を伝えました。
20年間、不思議に思ってた事が解決された安堵感と僕には本当は妹がいたんだという
淋しい気持ちになりましたが、あの時、声が聞けて今では良い思い出です。長文ごめんなさい


カテゴリ: [子供の頃の変な記憶☆その15] - &trackback- 2006年05月17日 18:30:45
名前: コメント:
#blognavi