|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年05月11日/派手と地味

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
650 本当にあった怖い名無し 2006/05/09(火) 23:35:05 ID:dsVqJFNBO
朝のラッシュ時。
人大杉で乗り込みたい人がドアから溢れ出ていた。
強制的に閉まるドアからはじき出されて乗り込めない人も沢山居た中、ジャストドアの場所にいた兄ちゃんが派手にはさまった。
「ぐぅ…」と辛そうな声。
近くにいた私含め数人で反射的にドアをこじ開けにかかり、兄ちゃんが車内に入り込んだが、私はこじ開けていた手を抜くのに一瞬遅れてしまった。
激痛とはまさにあれ。思いのほか強い力で私の薬指が挟まる。ゴムになってて抜けない。
兄ちゃんの挟まり方が派手すぎて、その後の私の地味な挟まりには誰も気付いてくれない
死ぬかと思った


651 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/09(火) 23:38:36 ID:k2oNnkED0
→地味な挟まり

ワロタ。


654 本当にあった怖い名無し 2006/05/10(水) 00:11:50 ID:/bTFQxcuO
→651
なんかなごんだw


カテゴリ: [電車内での怖い話] - &trackback- 2006年05月11日 18:54:15
名前: コメント:
#blognavi