|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月29日/にぎやかな座敷童

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
226 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/27(木) 05:09:02 ID:Q7sc7EdC0
もう結構前の話なんだけど、所用で某県に逝ったんだわ。泊まったのはホテルぢゃなくて
旅館つーか民宿みたいなとこ。いかにもなんか出そうな雰囲気だったんだよね。ただ、旅館の従業員たちは皆明るくて楽しそうな空気の人たちばっかだった。
んで、通された部屋で畳の上に布団を敷いて寝たんだけど、夜なんて真っ暗。
まったくのドドドドド田舎じゃなくて、近くに賑やかなところがあったりしたんだけど、外の明かりなんか無いみたいに暗いの。
寝ようとしてたのに寝れなくてボーっと目を開けてたら、自分の横にある襖が開いた。
そんで着物らしきものを着た子供が俺の顔を覗き込んできた。
俺がギョッとして声も出せないでいると、キャハハーとか子供の声で笑いながら俺の布団の周りをぐるぐる走り出したんだ。
ほんとにドタドタと振動が伝わってきてさ。
でも怖い感じはなかったな。
あー、遊んでるなー、ぐらい。
これってもしかして座敷童ってやつ?でも、ずっとぐるぐる回ってて、勢いも増してて、目ーまわんねーのかなーと思ってたわけ。
そしたら俺の足を踏んで、つまづいて、ズサ――2ゲト―――みたいな感じで部屋の端っこまですべって柱に頭ぶつけたの。
ゴンっていう鈍い音まではっきり聞こえた。
その瞬間子供の声で「イテっ!!!」だって。
その後、「ンフフフフゥゥゥ」と笑い声と「アアアアアアアァァァァ!!!!!」とかって大声上げて立ち上がって
(俺この時点で、こいつもしかしてキティなんじゃ・・・。でも、キティの座敷童なんて聞いたことねーし、と思ったね)消えちゃった。
朝になってそれとなく旅館の人に聞いてみたら、座敷童がいるからうちが繁盛してる、みたいなことニコニコして言ってた。

227 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/27(木) 07:35:41 ID:sbdiUVT70
機嫌が物凄くよかったんじゃないの?
泣き出さなくてよかったじゃん

228 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/27(木) 08:39:22 ID:+F1LtseW0
→226
笑えるけど、ほんのりといい話でもあるな。
間違いなく俗にいう座敷童だろうね。
なんかいい事あったら報告よろ♪


カテゴリ: [◇◇心霊わらえる話◇◇2笑い目] - &trackback- 2006年04月29日 01:01:21
名前: コメント:
#blognavi