|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月27日/てなもんや三途行

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
215 1/2 New! 2006/04/24(月) 15:05:23 ID:aso5JblL0
これが、心霊といえるかどうか・・・だが。


知人Aさんの話。

Aさんが勤めるのは小さな運送会社。
連日の残業&休日出勤で、体調がおかしくなっていた。
が、根っからの病院嫌いで、奥さんがなんと言っても病院には行かなかった。

ところがある日、配達の帰りに総合病院のそばを通りかかったとき、
なぜか、ふと、「せっかく近くまで来たし、ちょっと寄っていこ。」
と思い立った。
で、駐車場に車を止め、病院に入り、受付の前に立ったところまでは覚えているらしい。

Aさんの奥さんが病院側から聞いた話によると、
Aさんは受付で二言三言なにやら訳のわからないことを言って、
その場で倒れてしまった。
医者や看護師が駆けつけたときには、すでに心停止状態。
直ちに蘇生を開始し、連絡を受けた奥さんが病院に駆けつけたときには、
心拍は戻っていたが意識不明。
そのまま丸3日、意識不明だった。

216 2/2 New! 2006/04/24(月) 15:06:44 ID:aso5JblL0
→215の続き

以下、Aさん談。

花畑?みたいな感じの、えらいきれいなところに立っとってん。
へぇ、話には聞いとったけど、ほんまにこんなとこらやねんな、思いながら、
しばらく歩いとってん。
ほな、話通りに川があってな、「あぁ、これが…」思たわ。
ヒョッと、川の向こう見たら、(既に亡くなっている)親父がおるねん。
ほんで、親父の横には見たことない女が一緒におるねん。
生きてるときから女癖悪い親父やったけど、
「死んでからも相変わらずかい!!!」思たわ。

ほんでな、親父とその女が、こっち来い、ゆう感じで手を振っとんねん。
「あぁ、川渡らなあかんわ」思てんけど…、
そのとき、わし、給料前でな。金、なかってん。
「あ、あかん、金ないわ。(三途の川の)渡し賃、払えへんがな。家に取りに帰らな。」
思て、振り返った瞬間にな、





目の前に嫁はんの顔があってん。
死ぬか、思たで。
嫁はん、スッピンやってん。


「Aさんよ。ほんま、給料前でよかったな。」



217 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/04/24(月) 19:00:05 ID:pfqPikks0
落語みたいだw 面白いよ



カテゴリ: [◇◇心霊わらえる話◇◇2笑い目] - &trackback- 2006年04月27日 18:43:48
名前: コメント:
#blognavi