|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月27日/じいちゃんと落ち武者

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
124 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/04/27(木) 15:43:53 ID:GesJPqEo0
大分ちっちゃなころの話。
いっつも近くに落ち武者がいた。落ち武者という外見の概念に気づいたのは、ずっと後だけどな。

まあ、要するに、和服姿で頭頂部の禿げたロングヘアのオッサン。いつもなんか近くにいた。でも俺以外に誰も見えないらしい。
砂場で遊んでいようと何してようと、いつも近く…まあ、畳二枚ぐらいの距離にいた。だけど、近くにいるだけで何もしない。
ただいるだけ。見守ってくれてたのか知らんけどな。まあ、普段からずっといるんだ。ただ、いる。

んで、ある日。生涯二度目ぐらいかな?家族連れでじいちゃんの田舎に遊びに行った。
言葉が堪能になって、自我が目覚めて初めてのじいちゃんの田舎。初めての場所でワクテカしながら一日を過ごした。
両親は疲れてたのか知らないが、とっとと横になり、じいちゃんと一緒に始めての夜更かししてたんだ。

んで、俺がじいちゃんに、柿の種とスルメ食いながら、「いっつもね、誰にも見えない人が近くにいるの。」っていうと、じいちゃんは、
「あそこの人かい?ありゃあ、お侍さんだよ。」と、俺にしか見えなかった落ち武者が見えるようだった。
んで、よっこらせと台所に向かうと、婆ちゃんに言って、一升瓶と茶碗を三つ。あとサイダーを持ってきた。

じいちゃんがさっきと同じように、俺の近くにどっかと座り込んで、茶碗を三つ並べて、一つを俺に、一つを自分に、一つを落ち武者の方に置いた。
んで、爺ちゃんが落ち武者に向かって手招きすると、落ち武者が少し困った顔をした。それでも爺ちゃんが、
「ええからこっちゃ来い。ええから。」と言うと、和服で足元が見えなかったからかも知れないが、滑るように茶碗の前に来た。

俺はサイダーを茶碗に注いでもらって、爺ちゃんと落ち武者は一升瓶の中身を注いで飲んでた。
じいちゃんが、「○○(俺)を見とってくれて有難うなあ。」と言ってた。

そっからの記憶がないあたり、俺は寝たんだと思うが、それからも暫くは落ち武者は見え続けた。今も入るかは知らん。

腹が減って文章が上手くかけない。

125 本当にあった怖い名無し New! 2006/04/27(木) 16:03:02 ID:zufh8Q9k0
良い話だ



カテゴリ: [不思議体験 in 少年少女時代] - &trackback- 2006年04月27日 18:23:23
名前: コメント:
#blognavi