|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月27日/やさしい落書き

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
162 本当にあった怖い名無し New! 2006/04/27(木) 17:49:51 ID:64QotEbo0
小学生の頃大好きだった落書き。
俺が住んでる市内で一番有名なお花見スポットの公園の隅に、高いコンクリート製の展望台?みたいのがあった。
そこの最上階の壁に「天国で、いつまでも見守っています。さようなら。」と書いてあった。
すごく達筆な字で、おそらく油性マジックで書いた物と思われる。
なぜか俺はその落書きがものすごく気に入ってしまい、しょっちゅうそこに来て過ごしていた。
嫌なことがあったときなどはずっとそこでその落書きに見入っていた。大嫌いな運動会やマラソン大会の日も、
サボって一日中その展望台にいて、飽きもせずにその落書きを何度も読み返していた。
6年生ぐらいの頃、その展望台の入り口は板で塞がれ「立ち入り禁止」になってしまい、そのときは本当に泣いた。
今はもう展望台そのものが取り壊されている。

今思い出すと、なんでその落書きにそんなに魅かれたのか謎。でもあの落書きをもう一度見たいと今でも思う。なんか怖い


カテゴリ: [今までに見た怖かった落書き] - &trackback- 2006年04月27日 18:13:39
名前: コメント:
#blognavi