|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月19日/自宅待機

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
508 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/19(水) 18:15:56 ID:qADptjVJO
→506
全てが当てはまる訳ではないけど、大昔、神社には社殿など無く
ただ聖なる場を祀るものだった。
時代が下がるにつれ、その場そのものに社を築く場合と
「祭祀に不便な場所である」「祀られる対象が不可触な性質である」など、
何らかの理由でその場から離れた場所に社を築く場合とに分かれた。
これを奥宮と呼ぶ場合が多く、また神仏分離の際などに、奥宮を
お寺として残した例も多くあり、神社の奥寺と呼ばれるその場所は
そういう性格が強いと思われる。んで、そういう「奥宮・奥寺」ってのは
その神社の存在意義そのものに関わる訳で…

現在の管理者がどんな思いで無くしてしまうのかわからないが、
その理由が「お金」っていう悲しいケースも珍しくない。。。

509 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/19(水) 18:28:15 ID:DBEh9Jk90
追加ネタ。

縁があって、とある神社の末社に参ったときのこと。
嫁と一緒に参道を歩いていると、
横を大急ぎで神さんらしき方が追い抜いていったとのこと。
あれ、っと思ったがそのまま目当ての末社まで来てみると、
さっきの神さんが社殿の中に笑っておわしましたとさ。
神さん、いつもいらっしゃるわけではないらしい。



カテゴリ: [【神社】寺社にまつわるオカルト話2【寺】] - &trackback- 2006年04月19日 21:30:59
名前: コメント:
#blognavi