|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月19日/化けて出てまで言いたかったこと

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
199 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/19(水) 01:40:13 ID:9gzxQw0W0
3ヶ月ほど前、金縛りに会いました。金縛り自体は以前から何度も経験しているし、
科学的にも解明されていることから、それほど恐ろしくはありませんでした。
金縛りの時間は大体一分あるか無いかなので、いつものように壁に掛けてある時計を見ながらぼーっと待っていました。
しかし、その日はいつもと違っていました。
1分2分たっても金縛りが解けないのです。かなり焦りました。心の中で必死にお経を唱えながら早く解けてくれ、と祈っていました。

すると声が聞こえたんです。男のかすれたようで、それでいて妙に響く声でした。
いよいよヤバイと思い、半泣きになりながら必死で神様に祈っていました。多分少しちびってました。
『ババア・・・』
『ババアが・・・』
男(?)はそう言っているようでした。恐怖もピークに達し、気を失ってくれたらどんなに楽だろうと思いました。
男の声はますますはっきり聞こえてきました。そして男はこう言ったんです。
『ババアが若返りました・・・』

一瞬意味が分かりませんでした。恐怖も収まってきて男の言葉を理解すると、爆笑してしまいました。
翌日、友人に話してもネタ扱いされ、からかわれてしまいました。
あれは何だったのでしょうか?ババアが若返ったとは一体・・・?



カテゴリ: [◇◇心霊わらえる話◇◇2笑い目] - &trackback- 2006年04月19日 18:56:34
名前: コメント:
#blognavi