|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年03月31日/キャー

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
456 本当にあった怖い名無し sage 2006/03/21(火) 18:56:27 ID:tYyLY1P90
お初書き込みです。

小さい頃、もうすぐ小学生になるあたり。
母親と自分と弟で母親の友人宅に遊びに行きました。
田舎帰りに寄ったと記憶しています。
母親とその友人はどうも久々の対面だったらしくずっとリビングで話をしていました。
話も長くなりいつしか日は落ちていました。
その時自分はその母親の娘さんと一緒に親の傍ですっとプレステでゲームをしていました。
ふと振り返ると和室があり、中は電気をつけていなかったためリビングからの光だけで照らされていました。
その和室の中のタンスの上には日本人形がガラスケースを被せられた状態で綺麗に並べられていました。
遊びつかれた自分はゲームを中断し、人形を眺めに行きました。
好奇心もありリビングと和室の仕切りであるフスマをつかみながら恐る恐る覗き込みましたが、無機質な人形が並べられている姿に子供心に怖さを感じてフスマを閉めてしまいました。



457 本当にあった怖い名無し sage 2006/03/21(火) 19:01:52 ID:tYyLY1P90
和室の中は当然真っ暗。人形にかわいそうなことをしたと思いつつも
また親の傍に戻ってオモチャで遊びはじめました。
しばらくたった時、突然複数の女性の悲鳴が部屋から聞こえだしたのです。普通の女性より1オクターブほど高い声で。
「キャー」という女性の声が重なっていく感じです。驚きのあまりその場で硬直してしまいました。
数秒たって叫び声が止んだ直後、母親の友人が「あらあら閉まってるやん」といいながらフスマを開けました。
周りの人は皆何事も無かった様子で、どうやら叫び声は自分にしか聞こえなかったようです。
和室の様子は全く一緒で人形が綺麗に並んでおり、変化は全くありませんでした。
その後しばらくして帰ることになり、自分は人形をなるべく見ないようにして帰りました。

それから10年ほどたち、この前母親に尋ねてみましたが
「そんな友達おったっけ?」と完全に忘れていました。
あの叫び声が人形の叫び声だったかは不明です。

下手な文章で申し訳ないです。



カテゴリ: [オカルト/ほんのりと怖い話スレ その28] - &trackback- 2006年03月31日 20:30:44
名前: コメント:
#blognavi