|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月13日/飛行船とのコミュニケーション

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
809 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/13(木) 21:22:29 ID:DXCyabJNO
小さい頃、桶川の飛行場から来ていた飛行船は
低空で飛んでるときに下で手を振るとしばらくそこで止まってくれたりしてたなぁ。
向こうが手を振ってるかは全然分からなかったけど。

811 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/13(木) 21:48:28 ID:VQqOjdN70
→809
誰がイイ話をしろとw
いや、でも飛行船にそういう話は似合うね。「慌てないのが飛行船です」って感じで。

鉄道の世界でも「蒸気機関車の時代に手を振ると、大概運転士さんや機関士さんが手を振ってくれた。
ディ-ゼル機関車の時代になると、あっという間に通り過ぎてしまい、手を振ってくれる事は少なくなった。
電気機関車の時代になると、運転士さんや機関士さんの姿は線路脇から見えなくなった。」って話がある。

しかし、グラーフ・ツェッペリンやヒンデンブルクみたいな巨大飛行船が頭の上で停まってくれたりしたら、
多分恐怖と圧迫感で子供は引きつけを起こすと思う。東京都庁より巨大な物体が空中に浮いてるんだから。



カテゴリ: [巨大な物が怖いというPart18] - &trackback- 2006年04月13日 23:58:25
名前: コメント:
#blognavi