|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2006年04月13日/不思議な犬

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
100 本当にあった怖い名無し New! 2006/04/13(木) 04:25:36 ID:WSvc0vPJ0

漏れが16の時に郵便配達のバイトをしてた時の話だ。
俺の配ってる地域は、まぁ~所謂田舎でさ
地域の人によくしてもらったし、メシ食わしてもらったり
正月はお年玉までくれた。
田舎独特?っていうか、その地域はどこにいっても
おじいちゃんおばあちゃんが散歩なり畑仕事してるわけよ。
でも、その日は不思議と誰にも会わず配達が進んでいた。
んで、路地に入って配達してたらさ
( ̄△ ̄;)エッ・・?っていうような毛がところどころハゲた
黒い大型犬(みたことないくらい大きかった、体高はカブに乗ってた漏れくらい会った)
がイキナリ俺の前にいるんだわ

Σ(゚Д゚;)ビクッ!

ってなるじゃん?イキナリだしさ、でも不思議なんだけど
漏れはカナリなビビリなんだけど、
全然怖くないんだよね。(マジで不思議なくらいに)
で、その犬(こう呼ぶ事にしる)がさ漏れの顔をジーッと見てるわけよ、
その犬の目がさ、なんていうか濁ってるっていうか白いって言うかさ
年とった犬の目をしてるわけよ。
その目を見てたらさ、なんか寂しい気分になってさ
「お前、誰か待ってるの?」
ってその犬に聞いたわけよ、そしたらさ
トコトコトコトコ歩き出したわけよ、その犬が
漏れはなんだか見届けなくちゃって思ってカブ降りてついていったわけよ・・・・・

101 本当にあった怖い名無し New! 2006/04/13(木) 04:33:23 ID:WSvc0vPJ0
   続き

そしたら、その犬はある家の敷地(駐車場だな)に入っていったんだ
漏れは入れないから家の前で後姿をみてたんだけど、
犬が突然振り向いてさ、鼻をペロッって舐めたらさ
こう、フッ・・・って消えたんだよね、本当に霧みたいにさ。
消えた後も漏れはずっとその場にいたんだけど、
イキナリ涙がでてくるんだよね、そして
「ありがとう・・・ありがとう・・・」
って漏れ言ってるんだよね。

昔から配達してる人に聞いてもそんな犬は知らないって言うし
まさに謎・・・っていうのを今思い出した。


長文、オチなしすまそ



カテゴリ: [死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?126] - &trackback- 2006年04月13日 17:16:47
名前: コメント:
#blognavi