※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真なるクー  ~黄衣の女王~



  あれから、どのくらい時間が経ったのだろう。窓から、わずかに蒼い、月の光が射し込んでいる。
  わたしは、洋館内のベッドで目を覚ました。ここにはいくつかの寝室がある。その内のひとつだ。ハスツゥンが私と共に空間を移動したのだ。正確には鏡の世界を通り抜けて、と言うべきだろう。
  隣には、彼女がいる。ふたりとも全裸だった。
「んん……」
  彼女が、寝返りを打つと、その成長途上の胸が、ちらりと見えた。
  わたしは、微笑みながら、彼女から与えられた快感を反芻してしまう。
「はっ! いる!」
  突然、ハスツゥンが起き上がった。
「な、なんだ、どうしたんだ」
  彼女は、強い眼差しで、部屋の出入り口を射るように睨んだ。
「いるのよ! あいつが! クー・トゥルーがっ! まさかこんな近くにいるなんて」
  殺気。
  激しい憎悪と怒り。
  先ほどの情事の時、わたしに向けた、あの愛情とも取れる優しさは、微塵もなかった。
「もしかして、そのクーというのはカエル頭たちの長なのか?」
  彼女は、わたしを振り返って睨んだ。
「ええ、そうよ、我が主。あの醜く臭い生き物どもはあいつの奉仕種族。この前だって、縷々家(るるいえ)の近所を通りかかったらヤツらがコソコソ岩陰で、はすつんたんはぁはぁとか言ってて……んもお、キモイったらなかったわ!」
  この前、と言うのがどのくらい前なのか、縷々家とはどういう場所なのか、まるで解らないがそれでも彼女の嫌悪は良く伝わった。鳥肌が立っていたからだ。しかし、一体どこでキモイなんて言葉を覚えたのか。謎だ。

「ここで会ったが千年目!」
  彼女は裸のまま、わたしたちが通ってきた鏡に向かって、手を突っ込んだ。中から、なにやら杖を引き出した。先には羽根飾りをあしらった黄色いメガホンが付いている。
「いらっしゃい! 我が僕(しもべ)達よ!」
  それを器用にバトントワリングのようにクルクル回し、びしっと、天に突きつけた。
「レリーズ!」
  何故、英語なのか解らないが、ともかく"放つ"と言う意味の言葉を発した。
  すると空中に三つの窓が浮かび、それぞれに景色が映った。
  彼女は氷河が投影されている窓に呼びかけた。
「ァミ・ゴ!」
  氷の山が弾け飛び、中から丸眼鏡の少女が現れた。中学生くらいに見える。
  格好は雪ん子、としか言いようがない。独特の三角形の傘をまとっている。背中には甲羅がついている。全身は白いファーに覆われていた。
  雪ん子は無言でこちらを見つめた。
  ハスツゥンは、次に遺跡のような場所の映っている窓に呼びかける。
「ロリガー!」
  突然、何か黒い不定形の物体が現れ、すぐさま人型になる。緑の目の少女。服も緑色のワンピース。髪も緑色で真ん中分けだ。いわゆるツインテール。こちらはランドセルを背負っているせいもあって、小学生低学年ほどに見える。
「御意」
  それだけ言って、頷いた。
  最後の窓には、草原と星空が映っている。
「バイヤヒートは、我が主が召還して」
  そう言うと鏡から、小さいチョコと縦笛を取り出し、渡された。
「いい? まず、その黄金の蜂蜜酒を飲んで」
  どう見ても、ウィスキーの瓶を模したチョコ菓子だが、とりあえず食べた。
「次に石笛で、この譜面通りに吹いて」
  これもやはり、どう見ても小学生の縦笛だ。何年ぶりだろう、こんなものを吹くなんて。
  譜面通りに吹くと、どこかで聞いた曲だった。
「はい、その曲をその下の歌詞通り歌って」
  歌詞にはこうあった。

『いあ! いあ! ハスツゥン!
  のま! のま! のま! いぇい!
  バイヤヒー、バイヤフー、バイヤハッハー!』

  わたしは、戸惑った。やはり良く聞いたことのあるものだ。
「インスパイア?」
  わたしがつい、口を滑らすとハスツゥンは、わたしを睨んだ。
「ああああたしがオリジナルなんだからね!」

  突然、草原と星空が映っている窓が赤く光る。
  遠くからもの凄いスピードで、雄叫びを上げる鳥のようなものが接近してきた。
「うぉぉぉぉ――ッ!」
  赤い髪の少女だ。全身が赤い羽で覆われている。まるで南国の鳥だ。
  首に猫のような鈴を着け、腹は白く、半円状のポケットが付いている。
  それぞれの窓が、呼応するように光り出した。
  次の瞬間、風が部屋中に巻き起こる。
  それが収まった時。
  窓の中にいた少女達が全員、ハスツゥンの周りに跪いていた。

  ハスツゥンは偉そうに、彼女たちに声を掛けた。
「ァミ・ゴ、黄衣」
  雪ん子が無言で、傘から服を取り出し、ハスツゥンに着せた。黄色い地に黒い襟のついたローブ……と言うより、ハッピだ。
「ロリガー、仮面」
「御意」
  女児がランドセルから、白と黒の縦縞の入った帽子をハスツゥンに献上する。
  彼女はそれを被って、青白いサンバイザーを下ろした。
「バイヤヒート、パンツ」
「はいぃッ!」
  鳥少女が無駄に元気な返事をして、腹のポケットに手を入れた。中から、黄色と黒の虎縞の下着を取り出し、ハスツゥンに履かせた。
  彼女は頷いて、大きく息を吸って告げた。
「我が名はハスツゥン! 名、伏し難き者! 黄衣の女王!」
  他の三体がうやうやしく頭を下げた。
「そこにおられるのは我が主なり! 名を淫乱たる艶女(アデージョ)!」
  他の三体が私に向かって、さっきと同じようにうやうやしく頭を下げた。
  わたしは、ハリ扇を手に取った。
  シーツを身体に巻いて、ツカツカと近寄る。
「艶女(アデージョ)は、どこで覚えたのか知らないが、まあ、許してやろう。実際、そんな年齢だしな。だが、言うに事欠いて淫乱とは」
  彼女は竦み上がった。
「だ、だって、我が主。貴女のベッドでの乱れっぷり、あれってば相当な……」
  ハリ扇を高く掲げた。4匹とも恐れおののく。皆、ハスツゥンの眷属ゆえかハリ扇を怖がるようだ。
「あ、アカンて! やめてて! それ、ホンマに怖いんやもん!」
  しゃがんで怯えるハスツゥンの口から、関西弁が飛び出した。彼女はハッとして口を押さえる。
「え……?」
  わたしは一瞬、誰が喋ったのか理解できずポカンとした。
  ハスツゥンは顔を真っ赤にして、わたしに食ってかかった。
「なんなんよ! 関西弁が嫌なん? 嫌なんやろ! 恥ずかしい子や思てんねやろ! もうええわ! どっか行き! 知らんわ! あほぉ!」
  ぷいっと、きびすを返しドアのほうへ歩き出した。他の三匹も、戸惑いながら後に続く。
  わたしは彼女の背中に走り寄って、抱きしめた。
「な、なんよ、なんなんよぉ……」
  関西弁の発音でわたしに問う。頬は濡れていた。
「大丈夫だ。嫌じゃない。むしろ、可愛いと思うぞ」
  彼女を抱く腕に力を込めた。柔らかい。
「ん……許したるわ。でも、ぎゅうってされたからやないで」
  わたしはもう一度、彼女を抱きしめた。


written by coobard ◆69/69YEfXI

coobard ◆69/69YEfXI 氏の 素直クール小説掲載サイト クーのいる世界


真なるクー 05 | 真なるクー 07