※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真なるクー  ~いじきたなきもの~



  このところ寝ても醒めてもハプニングの連続で、心身ともに消耗していた。
  久々にゆっくりと熟睡できたと思えば、あのスク水女が横にいない。
「ふぅ。 これなら安心してゆっくり寝られ……」
  冷水を頭からかぶったように一気に目が覚める。
  歩く非常識、エロい厄災と、俺的ブラックリストでも余裕でトップに君臨するクーがいないのである。
  いたらいたで悩まされ、いないと更に悩まされる。
  その時、屋敷の裏手から物音が聞こえてきた。
  俺は急いで服を着込むと、クーが妙な事をしていないことを祈りつつ走り出した。


「よく眠れたか? 我が主よ」
  そこにはクーと、小高い斜面に横坑を掘り進める『深きものども』がいた。
  その横にうずたかく積み上げられた岩や土を見ると、結構掘り進めていることがわかる。
「勝手に穴を掘って何をしてるんだよっ。 それに、こんなに積んで崩れたら大変だろが!」
  その両方に興味なさそうな視線を配ると、クーは口を開いた。
「これは主のためにしているのだ。 いつまでも奉仕種族に煩わされたくないであろう?」

  ……確かにそれは当面の問題として真っ先にあがる点ではある。
  昼夜を問わず徘徊する奉仕種族たちに俺は悩まされていた。
  一体どこから湧いてくるのか、日々増え続ける深きものども。そして、『インスマス』とクーが呼んでいる男たち。
  彼らの、魚を連想させる顔立ち、首が太くがっしりとした体躯は結構怖いものがある。
  昨日などは深夜トイレに向かう途中、ひったひったという足音に驚き、後を振り返るとその先にインスマスがいた。
  そのニイィィィィィィッという愛想笑いにおしっこチビリそうになった。
  正直に言うと、ちょっと漏らした。
  昼夜を問わずホラー映画をリアルで体験しているようなもので、精神的な疲れは彼らによるものが大きい。肉体的な疲労に関しては言うまでもないだろう……

「……確かにこのまま居付かれても困るといえば困るけど」
「主には元気でいてもらわねば、我も困るのだ」
  クーはそう言って妖艶な笑みを浮かべると、首に腕を巻きつけてくる。
  そうすることが当然といった感じに、身体をくねらせて刺激するのも忘れない。
「朝っぱらから妙な真似するなっ。 あの連中に監視されてできるか!」
  作業を続けつつも死んだ魚のような目をこちらに向けている深きものども。
  クーは感情を隠すことなく不機嫌そうに周囲を見回すと低い声で言い切る。
「今日の食事は彼奴らの活け造りといこうではないか。 どんな味がするのか興味がある」
  深きものどもは一斉に方向転換すると、機械のような正確さで作業を再開した。


「さて、主よ。暇ならばここに腰かけてゆっくりせぬか?」
  クーが指差す先には二人でもゆっくり座れるような岩があった。
  その不思議な光沢に軽く触れてみると、なめらかで石とは思えない感触が指先に残る。
「……これって岩だよな。 こんなの初めてみるんだけど」
「深きものには怪力、石細工、非常食くらいしか取り得がないからな」
  その最後の取り得は遠慮したい……
「彼奴らが我らのために特製の玉座を作る間、仮初めに用意させた」
  そう言うと俺の腕を取り、なかば強引に座らせる。
「どうだ、なかなかの座り心地であろう」
  なんだろう、この1日中座っていても疲れなさそうな感触は…… 謎だ。
「我より石なぞに興味がわくのは不愉快だ。 ……主は我のことだけ考えていればよい」
  クーに抱き寄せられ、その豊かな胸に顔を埋められてしまう。
「だから、朝っぱらから、しかも連中の目の前ではやめてくれっ」
  その腕を振り解こうとするが、大して力を入れている様子もないのにビクともしない。
  それだけ本来の力を取り戻しつつあるということだろうか。
「彼奴らが気に入らないのであれば後で我が処分する。 それに主は普段強がってはいるが、心の底では我の胸に顔を埋め、甘えたい願望を持っているのを我は知っておるぞ」
  そうなんだろうか…… ただ、このままでいたい気持ちもあるのは確かだ。
「……この、悪魔め」
「主よ、その認識は間違っている。 我は邪神なるぞ」


  仕方なく。そう、本当に仕方なく邪神の誘惑に耐えていると、横坑の方から物凄い騒音が
聞こえてきた。
  その音が気になるが、クーの腕は緩まない。
  何とか顔の向きだけでも変えようともがいてみる。
「どうした主よ。 そんなに刺激したら我も忍耐の限界がきてしまうであろうに」
  見当違いなことを言い出すクーに脱力しかける。
「変な音が聞こえてきただろ。 気にならないのか?」
「うむ、興味ないな。 今の我には主を寝所に運び込むことしか頭にはない」

  一層大きな音とともに、すぐ横を何か重いものがバウンドしながら通り過ぎていく。
「……もしや、貴様はツントゥグアか?」
  まるで珍しいものでも見たとでもいうように、クーは呆気にとらわれたような声を出す。
  クーの力が軽く弱まった隙をついて、スリッパの洗礼を与える。
  これだからスリッパを手放す事が いまだにできないでいるのだ。
「酷いではないか。 我が胸は主のお気に入りであろう。 好きなだけ我の胸を──」
「だからっ、あの音が気になるから放せと言ってるだろうが!」
「主は我が胸より、我よりも音が好きだと言うのか?」
「ちっが──う!」
「……いい加減ワタクシを無視するのはやめて頂けないかしら?」
  怒気を含んだ女性の声に振り向くと、そこにはメイド服を着込んだ金髪の女性が立っていた。

「今 非常に重大な懸案で主と話し合っている。 ツントゥグアよ、後でまた来るがよい」
「なんですって!?」
「おい、クーの知り合いってことはヤバイ肩書きの…… 神なのか?」
「ただの邪神だ。 気にする事はない」
  ツントゥグアと呼ばれた金髪メイドから尋常じゃない殺気が流れ込んでくる。
  クーは護るように優しく胸に抱き入れると、口を開く。
「主に殺気と向けるとは…… ツントゥグアよ、そんなに消滅させられたいのか?」
「どうみてもただの人間じゃないの。 ついに気でも違ったのかしら、クー・トゥルー?」
  クーに抱き締められ、呼吸困難になりそうな殺気から護られる。

  周りにいる深きものどもの様子からすると、尋常ではない殺気が二人から放たれているらしく、連中はジリジリと後ずさりをしていた。
「人間如きに隷属する邪神なんて初めて見たわ。 いい笑いものね」
「我が主を軽んじていると痛い目を見るぞ。 そう、あれは本当に痛いものだ……」
  しみじみと思いにふけるクーの言葉に、金髪メイドは軽く興味を示しだした。
「人間の分際で邪神に痛手を与えることなんて不可能ではなくて?」
「貴様が怠惰に耽っている間に人間は成長してるのだ」
  クーの言葉を受け、金髪メイドの驚きにみちた視線が無遠慮に突き刺さる。
「……それほどの者とはワタクシには見えませんわね」
「そんなことだから──」
  クーの言葉をさえぎるように金髪メイドの腹の虫が鳴り出す。
「この者を見ていたら少々おなかが空きましたわ……」
  普通の女性に言われてもいい感じは受けない言葉だが、相手は邪神だ。本当に食われかねない。
「主に手を出されては困る。 そこのインスマス。 ツントゥグアに食事を用意せよ」


  目の前で今、恐ろしい光景が繰り広げられている。
  それは数人分とも思える食糧が、みるみるうちに金髪メイドの腹の中に納まっていく。
  しかも急いでるように見えないにもかかわらず、物凄い速度で消えていく。
「さすがは『いじきたなきもの』 凄まじき健啖っぷりだな」
  最後の一切れを口に入れると、金髪メイドは手にしたナプキンで丁寧に口を拭う。
「褒めても何も出ませんわよ。 ……久し振りに食事を堪能させて頂きました」
  意地汚いって褒め言葉なのか? 相変わらず、邪神はわからない……
「用事が済んだのであれば、疾く帰るがよい。 我は貴様に構っている暇はない」
  その台詞に気分を害したような表情を浮かべる金髪メイド。
「そうはいきません。 ワタクシは借りを作るのが嫌いですの」
「我が主と過ごす時間の邪魔をするなと言っている。 帰るがよい」
  和解するかと思われた空気が徐々に剣呑になっていく。
  金髪メイドは積み上げられた岩を見る。
「そういえば、何をなさっているのかしら。 我が家の壁を盛大に破壊し尽くすくらいだから何か目的があって掘り進めているのでしょう?」

「まぁよい、それくらいは教えてやろう。 この島にある我がゆかりの地、九頭竜、別府湾、それらすべてに繋がる地下道。更には彼奴ら奉仕種族が生活する場を用意する。
我が主との蜜月をこれ以上邪魔されたくはないのでな」
  クーは恥ずかしい台詞を淡々と口にする。 やはり邪神ってのは感性が違う。
「そう、事情は理解しましたわ。 それならばワタクシが手伝いましょう」
  二人は感情を押し殺した視線を絡ませ微動だにしない。
「……食事は存分に要求するがいい」
「物分りがいいですわね。 貴女は暇を持て余して惰眠を貪っていなさい」
  見下したような笑みを浮かべると金髪メイドは横坑に戻っていった。


「え~と。 何、あの金髪メイドは?」
「悪い邪神ではないのだが、口が悪いうえに、暇さえあれば何か食べては怠惰な生活をしている」
  悪い邪神じゃないって…… いい邪神がいるのか?
「ふふふ、まぁよい。 邪魔者はすべて消えた。 これで心置きなく我が主と寝所をともにできるというもの……」
  含みのある微笑を浮かべると俺の手を引いて屋敷に向かおうとする。
「おい、あの岩の山どうするつもりだよ。 崩れてきそうじゃないか」
「どんなことが起きようとも崩れることはないであろうが…… 主と暮らすための居城を建てるのもいいかもしれぬ。」
「居城って…… 日本の地盤にそんなの建てられるか──!」
「なぁに、ツントゥグアに任せればいい。 地上に瑠璃家を建てるのも悪くないであろう」
「ルリイエとか言われても俺にわかるわけないだろ」
  クーは滅多に見せない優しい笑みを浮かべる。
「瑠璃家ならば主に無理をさせる必要もなくなる。 我が力を取り戻すに適した環境というわけだ。 無論、主は望む時に我を貪って構わぬぞ」
  そう言って抱き締めてくる。
  そして、俺はその抱擁を振りほどけない。
  すべてはクーの美貌が、身体が、胸が、乳が、おっぱいが悪いんだっ!
「それだけではあるまい。 わかっているぞ、我が主よ」
  ……性格も含めて全部俺好みだっ!!

written by elc ◆ForcepOuXA

elc ◆ForcepOuXA 氏の 素直クール小説掲載サイト RetroWorld


真なるクー 03 | 真なるクー 05